人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
絵本
 気分がはるはるだったので、池袋のジュンク堂に行った。目的はもちろん、来週さよならするバイトのお姉さんの絵本選びだ。絵本のコーナーがなかったらどうしようかと思ったけど、さすがはでっかい本屋さん、ちゃんとたっぷりあった。嬉しくて楽しくて、読んだことのある本も、読みたいなぁと思っていた本も、たくさん開いてみた。ぐるぐる歩いて選びまわって読みつかれてふっと顔をあげたら、ガラス張りの向こうでもう日が落ちかけていて、いつの間にか2時間半もたっていて、びっくりした。
 悩んだ結果、お姉さんにあげる本は、いわさきちひろ絵の「おやゆびひめ」に決定した。だって、おやゆびひめの絵が、お姉さんにとてもよく似ていたのだ。おやゆびひめを見つけるまでは5冊ぐらい候補があったけれど、おやゆびひめを発見した瞬間、これだ!と即決定した。お話自体はたぶん、台湾でも有名なのだろうけれど、いわさきちひろの絵は、あまり知らないかもしれないし。気に入ってくれたら、嬉しいなぁ。
 はぁ、絵本はいいなぁ。文字を読まなくたって、開けばそこにもう、違う世界が映ってて、文字をひろったら、たちまちそれが動き出す。ひとつ絵本を読むたびに、ひとつわたしと出会う気がする。絵本の中には、いろんな姿をした「わたし」や「あのこ」が、かくれんぼしている。

 せっかく読んだので、読んだ本の中から心に残ったのを、いくつか紹介したい。

「おいていかないで」
 林明子さんの絵の本。「おにいちゃん!わたしもいく!おいていかないで!」って、すんごい可愛い!主人公の女の子の表情や様子が、すべてのページで最高に可愛らしかった。おにいちゃんがいるのっていいなぁ。憧れる。でも妹って小さい頃は、なんでなんでも兄や姉の真似したがるんだろう。

「あおくんときいろちゃん」
 うーほんっと素敵な絵本!これ、ずっと読みたかったんだ。素朴で、静かで、なんでもない絵になにかがあって、ふわっとしてきゅっとしてて、こういう絵本っていいなぁ。さすがレオ・レオニ。

「しろいうさぎとくろいうさぎ」
 これは実家にあって、たぶん何度か読んでもらったのだろうけれど、あまりおぼえてなかったので、読んでみた。そして、真中をやられた。絵とぴったり、優しくて幸せなお話。くろいうさぎは、わたしみたい。これは、小さい頃のわたしじゃこりゃあ、ちゃんと理解できなかっただろうなぁ。2年前のわたしでも、理解できなかったかも。

「すてきな三にんぐみ」
 前から読みたかった本。表紙の絵がなんとも言えず好き!お話も意外な展開でおもしろかった。ホント、奇妙で不思議ですてきな三にん。うーいいー、なんどみても、この絵がたまらんー!

「ゆきのひのたんじょうび」
 いわさきちひろの絵の本。いわさきちひろの描く子どもは、いいなぁ。うふふっとなるお話でした。主人公の女の子が、お友達の誕生日会でロウソクを間違えて消しちゃって、いじけて帰っちゃうとこがあって、わたしだーと思った。すごく楽しみにしてた集まりでバカな失敗しちゃって、ちょっとみんなに責められたり呆れられたりして、ふてくされて泣きながら帰ったりしたこと何度かあったなぁ。表紙の絵が大好き。

「あめのひのおるすばん」
 これも、いわさきちひろの絵の本。雨の日のひとりぼっちの世界、そのもの。みずっぽくて、透明で。世界がちひろの絵でできてるのだったらいいのにーと思った。この二冊を読んで思ったのだけど、いわさきちひろの絵は、誰かを待っているような絵が多いと思う。


 この他にも心に残ったのあったんだけど、今すぐぱっと思い出せない、残念。残念といえば、「なんじゃもんじゃ博士」を読んでみたくて、せっかく発見したのに、なぜだかそれにだけビニールカバーがかけてあって、読めなかった。なんでなんだろう・・・。ますます気になる。
 それから、ちょっと前話題になった「葉っぱのフレディ」も読んでみたかったので、読んでみたのだけれど、わたしにはイマイチぴんとこなかった。いいこと書いてあるなーとは思ったんだけど、それは頭で思ったことであって、心臓は無反応。期待しすぎていたのもあっただろうし、たぶん、読んだ時期が悪かったのかな。それに、写真だったしなぁ。わたし、絵本なのに写真がはいってたりするのって、どうも小さい頃から苦手なのだ。なぜだか、大人に欺かれた感じがして。絵本と思って読まなければ、あるいは感動できたかもしれない。
 そんな残念もあったけれど、とってもいい時間を過ごすことが出来た。生きるのって楽しいじゃないかーと思わせてくれるから、本屋って素晴らしい。各国海外旅行するのもいいけれど、そんなお金と労力つかわなくたって、本屋さんや図書館をちょっとまわるだけで、いろんな世界はぐんぐん広まっていく。はー、絵本大好き。
by papiko-gokko | 2005-04-27 15:58 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 僕たちの戦争――荻原浩 消えないで目覚め続けていつまで... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月