日記と短歌
by papiko
あてもなく忘れられないひまわりの庭を追いかけ翳りゆく夏
 私が生まれて初めて自分で買ったCDは、小学五年生ぐらいのころに買った中島みゆき「旅人のうた」なのだが、カセットの時代までさかのぼると、幼稚園のころに「魔女の宅急便」の曲目的でユーミンのシングル集みたいなカセットを買ってもらったのが、自分の意志で手に入れた人生初の音楽になる。
 そのカセットに入っていた曲のなかで、幼稚園児の私が最も心惹かれてすぐ覚え口ずさむようになったのが、「翳りゆく部屋」という曲。幼いころに聴いた曲は、言葉の意味を理解できないぶん、自分なりの分かりやすいイメージに置き換えて曲の内容を吸収していて、そうして覚えた曲は大人になった今意味をある程度理解しながら聴いても、そのときに描いたイメージが不思議なくらいそのままの形で浮かんでくる。「翳りゆく部屋」のイメージは、そうして覚えた数ある曲のなかでも、群を抜いて立体感と色彩に富んだイメージを持っているのだ。
 何の翳りもなく愉快な毎日を送っていた当時の私が、かなり重たい内容のこの曲を好きになった理由は、メロディーの美しさ(特にイントロのオルガンが子供心にすごく印象的だった)と、それから、身近な言葉の鮮烈な組み合わせにあると思う。
 窓辺に置いた椅子、あなたが見ている夕日、その横顔、ドアの隙間からのぞく暗闇・・・ドラマチックで視覚的な言葉がちりばめられ、幼稚園児の私の脳内には、木枠嵌め殺しの窓辺に置かれた大きな揺り椅子に、白いシャツを着た病弱そうな青年(私が今死んでもという歌詞からの連想?)が、夕陽を眺めている姿が浮かんだ。あなたが行ってしまって、ランプを灯し、冷たい壁まで長く伸びる自分の影。茶色と橙色を基調とした古い異国の油絵みたいな、その寂しいイメージは、私の子供心を酔わせた。
 サビの言葉も、分かりやすくて且つ強烈な言葉の組み合わせばかり。「輝きは戻らない、私が今死んでも」というフレーズは恐らく、私が生まれて初めて口ずさんだ、バラードの歌詞だと思う(男性歌手だと、サザン「いとしのエリー」が最初で、サザンとユーミンどちらのほうが先かは覚えていない)。生きれば生きるほど、戻らない輝きに気づく瞬間は、いくらでも増えて。どんなに手紙を書いても、握手をしても、乾杯しても、見つめて泣いても笑っても、戻らないのだ。死んでも、戻らない。その事実を歌いあげられたときに迫りくる、静まり返った絶望感ときたら。幼稚園児の私にはそんな感覚絶対わからなかったはずなのに、幼稚園児の私が抱いたイメージはちゃんと、静まり返った絶望感を思わせる。ユーミン、恐るべし。

 帰り道、よく晴れた今日を傾けていく夕陽のオレンジが寂しげで、なんだか「翳りゆく部屋」を聴きたくなって、今ひさびさに聴いている。youtubeで検索してみたら、エレファントカシマシと椎名林檎のバージョンもあって、始めて聴いて感動。なにしろ、どちらも大好きな歌い手さんだから。
 同じ歌を歌っていても、歌い手が違うと全然違う。ユーミンの翳りゆく部屋は、今現在その場所にいながら、静かに諦めの悲しみに沈んでいく感じであるのに対し、エレファントカシマシの翳りゆく部屋は、過ぎ去った過去の別れに思いを馳せて、愁い嘆きながら歌っている感じ。それから椎名林檎の「翳りゆく部屋」は、今にも起こりそうなその別れに対する、悲痛な叫びのような、なんとか戻らない輝きの完全に消えてしまう前に、呼び止めようと全身でもがいているような、どこか怒りも含むような感じ。どれも、味わいがあって素敵。
[PR]
by papiko-gokko | 2008-04-30 21:37 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< やぶられた誕生月のカレンダー誰... お母さん夢をデパート屋上の遊戯... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月