日記と短歌
by papiko
有害であってたまるか初めての相合傘に降り注ぐ雨
 日曜日。具体的なことを何一つとしてする気になれず、youtubeをぼんやりさまよっているうちに、何のきっかけからだったかいつの間にやら、懐かしいアニメのオープニングやエンディングばかり検索して聴いていた。例えば「らんま1/2」、「ドラゴンボール」、「セーラームーン」、「スラムダンク」、「魔法陣グルグル」、「ママレード・ボーイ」、「赤ずきんチャチャ」、どれも子供のころ夢中で見ていたアニメばかり。
 アニメのオープニングやエンディングは、大体曲のイメージに合わせて登場人物が次々に現れるから、そのアニメをよく知っていればいるほどなんだか昔からの親しい友人に再会したような気分で、愛しさと懐かしさで、胸が熱くなる。かつて日常のなかにあった曲と映像から、当時抱いていた憧れや疑問がそのままのいびつさで流れ出してきて、勢いで校庭の外へ転がってしまったドッヂボールみたいに私の現在地まで流れ着き、それをいちいち手に取って眺めながら、あぁ私は遠いところまできたんだなぁ、と、しみじみ思った。あのころ夢中でこれらのアニメを映していたテレビはもう家にないし、私はもう成人して五年もたつ大人だ。セーラームーンごっこに夢中だった妹たちも、現実世界でセーラー服をとっくの昔に卒業している。しばらく忘れて暮らしているうちに、随分時間がたっていた。なにか寂しい。誰も遊ばなくなった公園に立っている気分。だれもいなくなってはいないけど、あのころのみんなもあのころの私も、もういない。
 遠くへ来てしまったのだなぁと寂しくなりながら、しかし同時に安心もする。毎日会社に行って帰ってを繰り返す日々は果てがないように感じて、なんだか自分がもうずっとずっと長いこと大人だったような気持ちになってきて、その感覚は私を気だるくしんどくするから、こうしてたまに子供のころに夢中だったものに触れると、自分にも確かに子供時代があったのだなぁと、思いだして安心するのだ。さかのぼれば絶対に、私は昔子供だった。いきなり投げ出されてここにいるのではなくて、育てられ、成長し、考え、選び、思い、歩いた結果ここにいる。土台がある。だから何も現在地を、恐れることはないんだ。
 いいアニメがたくさん放送されているときに子供時代を過ごせて、幸せだったなぁ。今はどんなアニメをしているのだろう。最近は全然テレビアニメを見ていないからわからないのだけど、自分の子供が夢中で楽しめるようなアニメが作られているといいな。そのアニメを、私も子供と一緒に楽しめたら、毎日が愉快だろうな。

 それにしても、またぼんやり過ごしてしまった。くらくらする。明日は月曜日なんだということ、それが当然だということに、くらくらする。明日からまた五日間がんばろう。そう素直に思えるときと思えないときの、激しい温度差にくらくらする。
[PR]
by papiko-gokko | 2008-04-20 21:51 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 朝焼けに溶ける足取り粘ついて昨... すみやかに救ってくれる王子様そ... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月