日記と短歌
by papiko
音もなく加速していく残忍な子供の遊び 夢は医者です
 今日から私は25歳。
 子どものころの私は、25歳という年齢を大人の象徴と捉え、その年齢に特別明白な大人の自分像を思い描いていた。恐らくそれは、母が25歳で結婚をしたからだろう。母が25歳で結婚したのならば自分もそうに違いないと確信しており、それを基準に未来像を構築していたのだ。
 ランドセルをしょっていたころの私が思い描いた25歳の私と、実際今ここにいる私とは、当たり前だがかなり隔たりがある。それで返って、ほっとしている。当時思い描いていた25歳の日々よりも、実際これから始まっていく25歳の日々のほうが、人生として面白そうだから。
 25歳の実感は、24歳になったときよりずっと、軽やかですがしがしい気分だ。しっかり大人にならなければ!という変な力みが、25歳に差し掛かってふっと消えた気がする。大人にならなければと無理に思わなくたって、25歳は私のなかでもう完全に大人だもの。それならばもう、自分の好きなように、大人の私を生きていけばいいやと、急にそう思えて、とたんにすとんと気楽になった。25歳は、なるべく肩の力を抜いて、自分なりに要点を押さえながら、心地よい流れをつくって生きていけたらいいなと思う。
 今日は、誕生日を覚えていてくれた友達や後輩の子がメールをくれて、幸せな気持ちに包まれた。ふたりの妹からもお手紙つきの可愛らしいプレゼントが届いて、愛しさで胸いっぱいになった。恋人が気取って買ってきた赤ワインはあまり口に合わなかったけれど、昨日からしっかり煮込んであったハヤシライスは、一口一口が味わい深かった。
 誕生日を大事にしてもらえると、自分の人生を含みながら存在する人や場所や時間や、何もかもがあまりにも優しすぎるように思えて、泣きたくなってしまう。私もみんなの誕生日を、もっともっと大事にしよう。毎年思うけど、誕生日って、いいなぁ。ただこの世に生まれたことを、一年が巡るたび「おめでとう」と言ってもらえるなんて、これ以上に幸福なお祝いごとはないんじゃないか。そんな誕生日を私にくれる愛する人たちに、感謝。私が大切にしたいのは、何時でもあなたたちです。
[PR]
by papiko-gokko | 2008-04-03 23:45 | Diary | Comments(5)
Commented by 川鉄ネオン at 2008-04-04 10:20 x
お誕生日おめでとうございます。
(いちにち遅れになってしまいましたが)
25歳って自分にはもう遠い日なんだけど、
つい昨日のようでもあったり。
それからあまり大人にはなれていない気もします。

25歳からの人生、まだまだ楽しいっすよ。
Commented by 末松さくや at 2008-04-04 23:04 x
お久しぶりです。
遅れましたが、おめでとうございます。
肩の力が抜けた大人、素敵ですね。
いい一年がすごせますように。

私も今月に21になります。あわわわ。まだまだです。
Commented by papiko-gokko at 2008-04-05 22:55
おおお、ありがとうございます!

>川鉄ネオンさん
最後の一文に、ふわっと浮足立ちました。
まだまだ楽しい、そう思うと、
年を取るのがいつまでも嬉しくいられそうです。
自分が25歳を振り返ったとき、
ふっと笑えるような一年にできればなと思います。

>末松さくやさん
お久しぶりです!
肩の力が抜けた大人に、なれたらいいなぁと思います。
そうか、さくやさんも、4月生まれなのですね。
21になるって、改めて聞くと、さくやさんって、若い!
なんだか詠まれる歌や日記の文章が大人だから、
あまり年が離れている気持ちがしていませんでした。
さくやさんも、素敵な21歳が過ごせますように。
Commented by 乾いた花の匂い、 at 2008-04-06 14:02 x
おくれましたっ。誕生日おめでとうございます。
毎年ぱぴこさんが歳をとるたびにおどろきます。
もう25なんですね(よい意味で!
ぼくはもうやばい歳なのに、気分も見た目(客観的に)も学生ですがぱぴこさんは着実に大人になっていきますね。
でも芯のきらきらした水飴の結晶みたいなものは持ち続けていらっしゃるようなので安心です
よい一年になりますように☆
Commented by papiko-gokko at 2008-04-07 22:31
>乾いた花の匂い、さん
お久しぶりです!よかったー!
mixiをやめてしまってから、メールをする勇気もなく、
花さんといつまでも連絡が取れなくなったらどうしようと思っていました。
読んでくださっていたのですね、感動です。
そして、祝ってくださって、ありがとうございますっ。
もう25になってしまって、自分でも驚いています。
気分も見た目も学生さん、素晴らしい・・!
私もそうありたいけど、お肌が曲がり角すぎて無理そうです。
着実に大人、水飴の結晶。そんなふうに花さんに言っていただけて、嬉しいです。安心します。
よい一年になるといいなぁ。
あ、花さんの文章を読める場所があったら、また教えてください。読みたい・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 陰険な批判と陽気な感動をのべつ... ラーメンの湯気でメガネがまっ白... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月