人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
電話応対が恐くなくなった日
 今日突然、電話応対が恐くなくなった。試行錯誤が、ふいにぱっと、実を結んだみたい。
 今まで、電話をするときは、声に気持ちの波がでてしまわないように、心を必死で奥に沈めこむにしていた。焦って舌が絡まったり言葉に詰まって真っ白になってしまうのは、感情の波に飲まれているからなのだと、だから感情を奥に沈めこむことに成功すれば電話が恐くなるのだと、思い込んでいたから。
 速くテキパキ且つ愛想良くしゃべれるようにならなくちゃと、いろんなことを試した。自分の声をPCで録音して繰り返し練習したりとか、そんな恥ずかしいこともした。けれど、いつまでたっても駄目なのだ。テキパキしゃべろうとすればするほど躓いて、最後はやたら申し訳ございませんばかり、繰り返しちゃうのだ。
 だからまず、速くしゃべるのを諦めてみた。そして、心の中で自分の言葉に何度も句読点を入れて、そのたび一呼吸おきながら話すようにしてみた。私は文章を書くときにも、感情のテンポと言葉のテンポとを合わせるために句読点を多く使う癖があるから、電話でもそれをすれば、ちょっとは焦らず会話ができるかもと思って。するとこれが、思いのほか効果的だった。心の中で句読点を入れてゆっくり話すようになると、句読点と句読点のすきまに、沈めこんでいたはずの気持ちの波が流れ込みだして、自然と言葉に気持ちがこもっていき、それとともに、苦痛が消えてどもらなくなったのだ。
 最初の挨拶「お世話になります」や「お疲れ様です」から、『あなたとお話ができて嬉しいです、あなたを好きです』、という気持ちをたっぷり込める。それだけで自分に暗示がかかって落ち着くし、実際相手の口調も随分変わる。担当の営業さんといつもよりずっと和やかに会話ができたし、お得意先の営業さんも、「ぱぴこさんどうも~」って親しい雰囲気で話を始めてくれたり、軽い冗談を言ってきたり、いつもねちねちしつこい人が、今日は「ん~まぁじゃあいいや」って、潔く引いてくれたりした。もちろん恐い口調の人もいるけれど、そんな人に対しても、暗示のおかげか不思議とこわばらなかった。誰に対しても、必死で愛想のいい声を出そうとしていたときよりずっと心地よく穏やかな会話ができて、心なしか「申し訳ございません」の代わりに「ありがとうございます」の回数が増えた。
 機械を通しているとはいえ、電話もやっぱり、温度のある心をもった人と人との、気持ちのやり取りなんだなぁと、改めて思う。今まで私の声からは、電話や相手への恐怖感や苦手意識がびんびん伝わっていたんだと思う。自分のテンポで、気持ちを込めて話す、こんな単純なことが、電話の恐怖緊張解除キーだったとは。必死で気持ちを押し込めようとすることで、かえって恐怖や苦手意識に拍車をかけていたとは。なんだか、まさに、目からうろこだ。

 ひとつのことが解決すると、するするするっと、別のことも解決したりする。例えば電話が恐くなくなったのとほぼ同時に、デスクの数あるペンのなかから、自分にとってももっとも書きやすいペンを見つけ出した。これだ!っていう感じ。今まで文具に特別こだわりとかなかったけれど、事務をお仕事にしてからは、やはり文具に興味がわいてきた。この前は東急ハンズで可愛いひよこマグネットクリップを見つけて、今会社で愛用している。

 このお仕事をいつまで続けていくのかはまだわからないけど、とにかく今は、頑張ろうと思う。どんな場所でどんなことをするにしろ、まっすぐ優しく、生きていけたらいいなぁ、と思う。
by papiko-gokko | 2006-07-28 20:20 | Diary | Comments(4)
Commented by 乾いた花の匂い、 at 2006-07-29 01:35 x
おー、
なんか壁をひとつこえたかんじですね.
おめでとうございます.すてきです.かがやいてます.
Commented by ゆず at 2006-07-29 08:20 x
はじめまして。
私は電話に関する仕事をしているので、
ぱぴこさんの気持ち、すごくよくわかります!
そうなんです、キーは自分の感情をどうするか、なんですよね。

ぱぴこさんがひとつ乗り越えたことがなんだか自分のことのように嬉しかったです。
これからも自分のペースでいきましょ!
Commented by papiko-gokko at 2006-07-30 10:58
>花さん
ありがとうございますっ、なんとか一個越えたかなぁ・・
でもたぶんまたたちまち苦手になったりするかもしれないので、
油断は禁物です。がんばります。
Commented by papiko-gokko at 2006-07-30 11:02
>ゆずさん
始めまして!コメントをありがとうございます。
わぁ、電話のお仕事をしておられるのですね。
独りよがりかなぁと自信なかったので、わかっていただけて、嬉しい!
感情をなくすのじゃなく感情とうまくつきあっていくことがキーだったなんて、
本当に私にとって大発見でした。
これからも、自分のペースでいきたいです。ありがとうございますっ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 毒抜き。 燃え盛る想いだけを伝えましょう >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月