人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
3月11日
 東日本大震災から、今日で6年が経ちました。数日前から、テレビニュースでは震災関連のことをたくさんやっていて、それらの映像を見るたび、当時のことを鮮明に思い出し怖くて苦しくなり、チャンネルを変えたい気持ちと、だけどこの時期ぐらいしっかり直視して向き合わなくてはという気持ちのあいだで揺れながら、見たり目をそらしたりしていました。あの日、東京にいてまだ生後1カ月だった長女が、今はもう6歳になり、卒園と入学を目前に控えています。その時間の流れを思うと、いろいろな感情がこみ上げてきて、6年間という時間の重みを受け止めきれなくて、意識から音と時間が消え、途方もなく遠いどこかへ投げ出されたような気持ちになり、涙が出てきます。
 6年の歳月であの日の恐怖はまったく色あせることなく、忘れるはずがなく、今もしょっちゅう、あの日によく似た恐ろしい地震の夢を見ます。東日本大震災と、そのあとの原発事故で、同じような毎日が平穏に続いていくことが、どれだけ幸せでかけがえのないことなのかを、思い知りました。そして、思いがけない事で突然に壊されてしまった日常と心を元通りにするのが、どれだけ難しく時間のかかることなのかも知りました。あのとき、怯えきっていた私に周りの人たちがかけてくれた「みんなもう普通に暮らしてるよ」という言葉が、励みにもなったし、同時に、追い詰められもしました。きっと誰もが、表面だけでも普通にしてこれまで通りの日常を過ごすことで、心のバランスを保っていたのだと思います。しかし、まだ首も据わらない長女を抱えながら、私はとてもじゃないけれど普通になんて戻れず、もはや普通がどんなふうだったのかも分からなくなっていました。そんなときある人が「被災地にいなくても、あなただって恐ろしい経験をしているのだから、無理に普通にしなくていい、あなたも怖がっていい、傷ついていい」というような内容のメールをくださって、救われたのを覚えています。
 東京にいた私でさえこんなに痛みが残っているあの日の震災で、大切な人を失ったり住む家を奪われてしまった人たちは、どれほど重たく長い6年間を過ごしてきたのだろうか。それはもう想像を絶することだけれど、今日はそれでも、時間をかけて想像します。あの日、あまりにも辛い経験をした人たちが、どうか、やわらかな気持ちで笑える日が、一日でも多くなっていきますように。そして、もう二度と、あんな恐ろしいことが、起こりませんように。日常を愛しています。

by papiko-gokko | 2017-03-11 22:26 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< また今日も椅子取りゲームしたか... 今ここで君を見送ることにした振... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月