日記と短歌
by papiko
終わりまで味わいつくせよ
 信じていた可能性を否定されることは、自分の中で燻っていた無駄な迷いやこだわりを叩き潰されることで、そしてそんな風に叩き潰されることは、実はすがすがしいことだったりすると思う。就職活動などするなかで、私もそれなりにそれまで持っていた自分を否定されたりして、信じていた可能性をもぎとられた。そのたびに残念な気持ちにはなったけれど、しかし不思議と、目の前が暗くなるようなことは今のところまだない。全否定されるたび、むしろ、なんだか、すがすがしい気持ちになるのだ。
 自分の固執していた可能性を否定され、迷いやこだわりを叩き潰されたぶんだけ、心にスペースが空いて、そこからまったく別の新しい感情や思考がまた生まれ始める。そしてそれが時間をかけて再び無駄な迷いやこだわりへと形を変え始めると、また今一度叩き潰されるべく外側の世界へと出て行こうとするのではないだろうか。
 社会へ出ても叩き潰されなかった迷いやこだわりは、社会をへんてこに捻じ曲げたりしているのかもしれないし、もしかしたら、誰かの迷いやこだわりと絡まりあって、縄みたいに頑丈な新しい思想を作り出すこともあるかもしれない。

*************

 今日はゼミの日でした。先週がお休みだったので、久しぶりだった・・・。ゼミでは、今日も教授がかっこよかったです。うちの学科は卒業論文のほかに卒業制作として小説や詩などを創作して提出するのですが、うちのゼミでは卒業論文のみ教授のアドバイスを受けることができて、卒業制作についてはまったく提出まで関与しないということになっています。それをある学生がなぜなのかと尋ねたところ、先生は、こんなことをおっしゃったのです。
「僕があれこれ添削して完璧に直した作品なんかを提出したって、君たちには後味の悪さしか残らないだろうからです。僕が添削して整えた時点で、その作品はもうただの蝋人形になってしまう。そんなつまらないものを残すより、不完全でも自分の力で全身全霊をかけた作品を提出して恥をかいたほうが、後々ずっといいんです。」
 どきゅきゅーん・・・。なんとも、カッコいいです。毎度のことながら、その発言のときには、ついものすごい熱い視線で見つめてしまいました。目がハートでした。やばいわぁ、先生、ゼミのたびごとに、私の思考に何かしらの衝撃を与えるわぁ・・・。

 ゼミの後の授業は、しりあがり寿先生でした。そして今日は、映画『真夜中の弥次さん喜多さん』のプロデューサーの人がゲストとしてこられて、先生と対談する形で授業が進められてました。なんだか、映画の微妙な裏話やらをしておられました。映画は相当のお金と体力がいるだというような話が多かったです。コケると、大赤字になるそうです。
 ちょっとだけ予告編ムービーを見せてもらって、この映画をみたくなりました。私はジャニーズの男性諸君には基本的に興味がないのですが、三人だけ好きな人がいて、それが、嵐の桜井くんと、V6の岡田君と、TOKIOの長瀬なのです。なので、そういう個人的なこともあって、見てみたいです。

************

 昨日のバイト中割り箸のささくれみたいなのがちょっと手に刺さってしまって、なかなか抜けなくて、そのことを「しばりがたった」といったら、通じませんでした。そして、東京では、「とげが刺さった」というのだそといわれました。最近ちょっとずつ方言じゃない言葉でしゃべることができるようになってきたような気がしますが(親しい人と話すときはどうしても方言がでるけど)、このような微妙な表現が通じないことはいまだに多いです。例えば、「たいぎい」とか、出雲では普通に使っていたのですが、こっちでは通じません。だるい~みたいな意味なのですが。あ、あと、「耳をほる」も通じませんでした。これは私の出身地である出雲の方言ではなくて、母の故郷である岡山の方言らしいです。方言ってへんてこで興味深いです。でも、方言ブームとかいう言葉はなんとなく許せません。
[PR]
by papiko-gokko | 2005-11-24 23:02 | Diary | Comments(2)
Commented by すぴ at 2005-11-25 19:02 x
なにやら教授さん、かっこよい発言してますね~
そういう胸にズガーンとくる発言してくれる先生とかいなかったなぁ。。。なんか羨ましいですw

方言って同じ県内でも通じないことありませんか?いまだに「なにそれ?」言われることがあるんですよ。。。汗
でも、地元の方言って好きです。ホッとするからw
Commented by papiko-gokko at 2005-11-25 23:40
コメントありがとうございます♪
そうなんです、もー、かっこよくて、どうしようかと思います。まさに、ズガーンとくる発言をしてくれる先生です。ズガーンとくるたびに、このゼミを選んでよかった・・と思います。でも教授は機嫌が悪いとすごく恐いので、ちょっと困ります笑

方言、確かに、通じないことあります!こてこての方言がぽろっとでると、相手には通じなかったり、逆に相手の言ってることがわからなかったりします。むらがあるのだな・・・。私も地元の方言好きです♪駅について、地元の方言が聞こえると、本当にほっとします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 終わる日は悲しい嘘で泣かせてね... ストレイシープ >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月