人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
火にかけた牛乳みたいな次女のおしゃべり
 次女がしきりに、おもしろいおしゃべりをするようになりました。ぴしょぴしょぴしょーとか、びえびえびえーとか、ぷわぷわぷわーなど、唇を動かすのを楽しんでいるようなおしゃべりです。自分の声がどんなふうに響くのか実験でもしているのか、高い声だったり低い声だったり、裏声だったりだみ声だったり、うねるようだったりはじけるようだったり、人間ってこんなにいろんな声が出るんだなーと、感心してしまうほど、いろいろな声を出しています。家族のおしゃべりの響きを、次女なりに真似しているのかもしれません。
 現時点での意味のある発語は「わんわん」「まんま」「ぱぱ」「いたい」などまだほんのわずかですが、こちらの言うことはもう何でも理解していて、伝えたいこともたくさん抱えていそうなので、今の不思議なおしゃべりが意味のある言葉になるのは、もうきっと時間の問題です。最近の次女のおしゃべりは、お鍋で火にかけた牛乳が沸騰して膜を張る直前の、ぶわぶわぐわぐわしたあの感じに、とてもよく似ています。きっと、膜が張ったと思ったらとたんに吹きこぼれる牛乳みたいに、あるときを境に、次女の口からため込んでいた言葉があふれ出すのではないかと、そのときをとても楽しみにしています。しかしその一方で、しゃべり出したらもう消えてしまうに違いない現在のおもしろいおしゃべりも捨てがたいので、貴重なぶわぶわおしゃべりの数々を、日々小刻みに録画しているところです。
 そういえばここのところ、日に日に読める絵本も増えてきました。少し前は、何冊かの絵本以外、興味を示さなかったけれど、いまはいろいろなタイプの絵本を楽しんで最後まで聞けるようになって、自分で選んで持ってくることもあります。1ページ1ページから、こちらの想像を遙かに上回る勢いで、言葉と世界を吸収しているのでしょう。今は寝る前に次女向けの絵本を1冊か2冊読んで、そのあと次女を寝かしつつ長女向けの絵本や児童書を数冊読むというスタイルですが、長女が幼稚園へ通い始めたら、日中にもゆったりとした気持ちで、次女だけに向けて絵本を読んでやりたいです。
by papiko-gokko | 2015-04-12 01:13 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 長女、入園 スプーンでかぼちゃの種を取りな... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月