日記と短歌
by papiko
愛情は無限だけれど一日の上限はある頼む寝てくれ
d0038776_061985.jpg
 暖かくていい天気。下の妹が遊びに来たので、子どもたちと妹と、つぼみのほころぶ桜並木を通って、いつもより少し遠い公園まで歩きました。途中で100円ショップに寄り、飲み物と、それから長女が先日からやりたがっていた子供向けのバドミントンセットを買って行きました。初めてのバドミントン、ぜんぜんうまくはできなかったけれど、下の妹に相手をしてもらえて、長女は大喜び。その一方で、いつものように長女に相手をしてもらえなくて、次女はちょっと物足りなそうに寂しそうに、それを眺めていました。出発のときは少し寒いように感じましたが、公園でいっぱい動いて日差しを浴びて、帰るころにはみんな上着を脱ぎ、日陰を選んで歩いていました。帰りがけにアイスバーを買い、家についてからみんなで食べました。3月の終わりに相応しい、春の訪れを感じる休日でした。

 あとで今日撮った写真を見返すと、長女の表情がどれも本当に生き生きしていて、こんな表情を、自分は日常的に引き出してやれているのだろうかと、胸の奥が痛みました。つい、おねえさん扱いしすぎたり、逆にその反動で、赤ちゃん扱いしすぎたりして、4歳児を4歳児らしく扱うのって、なかなか難しいです。まだ4歳という年齢に、私も長女自身も慣れていないからでしょうか。ここのところ、長女はわがまますぎるし、私は怒りっぽすぎるように感じます。子どもたちへの愛情は無限だけれど、ただ、一日の上限みたいなものはやっぱりあって、長女のわがままは、その上限を軽く超えてくるので、寝かしつけのころにはもう、とにかく一刻早く寝て私を解放してくれと、それしか思えない日も少なくありません。
 次女が相変わらず夜中に起きてつねに寝不足なのもあり、今日の妹のように、全力でハツラツと長女の相手をしてやることも最近あまりできていなくて、駄目だよなぁと思います。子どもたちとの時間をもっと大事に味わいたいのに、子どもたちの生活のお世話だけで疲れて、味わう余裕を持てないまま、一日が終わります。じっくり味わえないかわりに、場面場面で、ふいに可愛さに気づいて、ぎゃあああかわいい!と、空腹時の試食コーナーでもらったウインナーみたいに、ほんのひととき噛みしめています。それでいいのかもしれないけれど、可愛い時期はやがて過ぎるのだと思うと、もっともっと一日中、イライラせずにハツラツと向き合って味わいたいのになぁと、思わずにはいられません。毎日布団のなかで、明日はもっと、と思います。
 幼稚園が始まったら、先生やお友だちが、長女の笑顔をいっぱい引き出してくれることでしょう。その日が待ち遠しくてなりません。私だけではもう、長女の世界を響かせることができません。最近それをすごく感じます。入園まで、あとほぼ半月。それまで、最低限の生活習慣や、お友だちに言うべきでないことやるべきでないことなど、教えられそうなところは教えて、楽しみな気持ちを一緒に膨らませて、なるべく怒らず、笑い合いながら、入園式の日を迎えたいです。
[PR]
by papiko-gokko | 2015-03-29 00:43 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ビートルズを聴いている春 やっと日記を書けた >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月