日記と短歌
by papiko
長女3歳11ヶ月
d0038776_06231.jpg
 長女が今日で3歳11ヶ月を迎えました。あとひと月で、なんと4歳になります。長女にそのことを教えると、「くひー!」と喜びの声をあげていました。彼女はもうずいぶん前から、4歳になる日をものすごく楽しみにしているのです。
 いつもそうなのですが、わがまま炸裂の時期が一段落すると、それ以前よりも少し、言動がおねえさんになります。今もまた、先週でわがままな時期が落ち着いて、おっと驚くほど成長を感じる発言をするようになりました。夫と私が軽く言い争いをしていると、すぐにそれを察して「もう、ケンカはやめて!」と、ドラマの子役みたいな口調で制したり、出かける前に私が暖房のスイッチを切っていたら「ホットカーペットも切った?」と確認を促したり、「この道は○○へ行く道でしょ」と私より道順を覚えていたりなど、もう大人のすることや考えていることをなんでも分かっているような様子で、たったこの前まで赤ちゃんだった子だなんて嘘みたいです。
 今日は冷たい風の吹くなかお出かけをして、途中で長女のコートのボタンがひとつ外れていることに気づき、手袋を外してボタンを直し始めたら、「さむくない?」と言って、手袋している彼女の両手を、私の素手にそっと重ねて、ふんわり包み込んでくれました。その小さな両手と言葉は、ランプに火をともしたように、体中をぽうっと明るくあたたかくしてくれて、ああ、やさしい子に育ってくれているなぁと、嬉しくて嬉しくて、少しだけわざと時間をかけてボタンをとめました。
 それから午後、部屋の片付け中に私がレゴブロックの入った箱に思い切り足を突っ込んで躓いたときも、はっと振り向いて「いたくなかった?」と心配してくれたし、Eテレ鑑賞中に次女がごてんと転んで少し泣いたときも、テレビの画面を眺めつつ、ほとんど無意識の感じで、ずっと次女の頭をさすってやっていました。今日はそんなふうに、長女の思いやりに気づく場面が、たくさんありました。
 もちろん、言うこと聞かずの強情っぱりのわからんちんな部分も多々あって、今日も数回きつく叱ったけれど、誰かが痛かったり寒かったりしたとき、即座にその人の感情に寄り添う心が育っているのならば、本当のところ、それだけでもう、いまは十分のような気もしています。ペンのフタをしめるのを忘れてばかりでも、食事のとき三角食べができなくても、着替えに時間がかかっても、顔を石鹸で洗うのが怖くても、思い通りにならないとすぐ涙が出ても、次女に負けないくらい甘えん坊のだっこ虫でも、大丈夫だから、自信を持って4歳になったらいいよと、長女に言ってやりたいです。
 3歳の長女と過ごす、いよいよ最後の1ヶ月。年末年始できっと慌ただしく過ぎていきそうだけれど、できるだけ大事に味わおう。
 
[PR]
by papiko-gokko | 2014-12-22 23:06 | 月齢ごとの成長記録(長女) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 0歳と3歳のクリスマス 赤ちゃんの時代を終えて人生の記... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月