日記と短歌
by papiko
夏の日常と、長女の絵
 夫の夏休みが終わり、母子3人で過ごす夏の日常が戻ってきました。外出は夕方日が傾いてからすることにして、暑い日中は、次女の世話をしつつ、長女をお風呂で水遊びをさせたり、一緒に積み木をしたり、ねんどをしたり、お菓子作りをしたり、お絵かきや塗り絵をしたりなどなど、退屈しないようあれにもこれにも手を出して過ごしています。一番長女が長い時間集中してする遊びはお絵かきで、とくに今日はすごくたくさんの絵を描きました。
d0038776_2250120.jpg
 この絵は、ヒットくんの見ている夢。長女の絵には、相変わらずヒットくんがたくさんたくさん出てきます。そして、必ずといっていいほど、次女もいます。私や夫の出てくる率は、次女が生まれてからぐんと減りました。色も塗るようになって、一枚の絵に、じっくり時間をかけるようになりました
d0038776_2256769.jpg
 今日は初めて、こんな漫画のようなものも描いていました。ただ本人に漫画という認識はなく、「絵本にすると長すぎる話だから、こうやって四角をいっぱい描いてかくことにしたの」とのことでした。夕方になるまでヒットくんと遊んで、暗かったから帰り道に転んでしまったという話なのだそうですが、長女のなかでは、コマ割りをせねばならないほどの大長編のようです。
d0038776_2345446.jpg
 それからこの絵は、昨日描いた何枚かのうちの一枚で、長女が風邪で泣いて起きた夜、私が話したヒットくんのピクニックというお話を、絵にしてくれたものです。お話を聞いて思い描いた世界を、こうして絵にできるようになったことに感動しました。
 長女にとってヒットくんは、もうそこにいる存在で、家族も同然です。毎日見ている『いないいないばぁ』のワンワンやゆうなちゃん、『おかあさんといっしょ』のポコポッテイトやともだち8人やかぞえ天狗、パッコロリン、絵本のノンタンなどなど、もちろんヒットくん以外にも好きな存在はいるのですが、ここまで長女の世界の一部になっているのは、ヒットくんだけです。1歳のとき、絵本をプレゼントした時点では、まさかここまでになるとは思いませんでした。ちょっと恐くなるほどですが、しかしさすがにこの状態も、幼稚園に入るまでではないかと思うので、長女と次女と一緒に、しばしヒットくんのいる世界を楽しむことにします。
[PR]
by papiko-gokko | 2014-08-20 23:47 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 長女3歳7ヶ月 三歳が語る昨日の記憶にはみぞれ... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月