人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
長女と次女
d0038776_1128412.jpg
 生後2週間がたち、次女は生まれたときより、心なしか頬がふっくらしてきて、声もますます大きくなり、手足もよく動かすようになってきました。日中と夜中は相変わらずよく寝てくれていて、長女の寝かしつけを終えてほっと一息ついた夜10時半あたりから、私と夫の寝る1時ごろまで、なぜか一番活発に起きていて、抱っこをせがんで泣いたりします。まるで、その時間帯がもっとも親を独占できるということを、分かっているかのような時間配分に、愛しさが増します。どんなに長女が騒ごうとも相変わらず起きないところとか、長女に抱っこしてもらうとなんとなく満足げなところとか、第1子とはまた違った愛しさ愛くるしさが、第2子にはあるのだなぁということを、日々感じています。

 毎日一緒に過ごすなかで、姉妹の距離も、日に日に縮まってきています。長女は次女のことが可愛くて気になって仕方ないみたいで、私の補助付きで抱っこしたり、一緒に寝転がったりすると、「くふふふ」と、たまらなく嬉しそうに笑います。今日は抱っこで、いつも私が寝かしつけのとき長女にするのよ同じようにして、『ゆりかごのうた』を歌ってあげていました。ベビーベッドで寝ているときも、柵ごしに覗き込んでは「あかちゃん、かわいいー」と髪をなでたり、「あかちゃん、いま、うるしゃかった?」と、自分の声のボリュームを急に気にして尋ねたりして、つねに赤ちゃんの存在を気にしているようです。
 まだ力加減が分からないので、見ていてハラハラヒヤヒヤしますが、助産師さんに教えられたとおり、できる限り「そんなことしちゃだめ」と禁止の言葉を使わないよう努力しています。そして、禁止の言葉を言わない代わりに、やさしい手つきでなでなでできたときに、「じょうずになでなでできたね」と褒めるようにしています。禁止すると、その鬱憤が赤ちゃん向いて赤ちゃんに乱暴してしまったりすると助産師さんが言っていて、そうなったらきっと、次女が危険なのはもちろんのこと、長女の心もすごく辛くてしんどいと思うので、それだけは避けたくて、慎重に慎重にやっています。
 それでもやっぱり、次女の存在で不安定になることはどうしたってあるようで、毎回ではないのですが、授乳しているとくっついてきたり、ヒットくん人形をふりかけてきたり、落ち着きなくうろうろしたりします。そんなときは、授乳が終わったあと、思い切り可愛がるようにしているけれど、きっとどれだけ可愛がっても、ひとりっ子のときと同じようにはできないから、こればっかりは、時間が経っていろいろなことがもっともっと当たり前になっていくのを、待つしかないのかなと思っています。
 いまのところ、赤ちゃん返りだったり、極端にワガママになったりということはないけれど、次女が新しく買ったりもらったりしたものや、長女が昔使っていたお気に入りのものを使ったりすると、内心穏やかではないようで、「それは○○(長女)のだもん」と,少しすねたように言います。次女の生まれるまえから、「これはもうちいちゃいから、あかちゃんにあげるんだ」と言っていたカエルさんの麦わら帽子も、生まれてからいざかぶらせみたら、急に惜しくなったらしく、「これはあかちゃんにはおおきすぎるから」と、むりやり自分でかぶろうとしていました。ちょうど独占欲とか所有欲が強く出てくる年齢でもあるし、長女がもう少し分かるようになるまで、次女に買うときには長女にも同じものを買うようにしたほうが、次女のためにも長女のためにもよさそうです。私も小さいころは、妹がもらったら必ず自分も同じようにもらわないと機嫌が悪かったみたいで、クリスマスはサンタさんから、まったく同じおもちゃがふたつ届いたりしたものでした。
 いまはまだ次女がやってきたばかりで、長女の心も不安定なのだろうから、次女の所有物に関することで長女がすねたときには、「じゃあ一緒に使おう」とか、「じゃあこれは長女ちゃんが使おう」とか言ってなだめ、長女の気持ちを優先しています。これは長女のためというより、罪なき次女が長女から妬まれないためです。まずはなにより、長女と次女に仲良くいてほしいから、長女に我慢の心とか譲る心みたいなものを教えるのは、もう少し先にします。お姉ちゃんになってたった2週間なのだし、いまはまだ、お姉ちゃんとしての我慢なんて、できる限り、させたくありません。

 退院してから最初の3日間ぐらいは、これまで小さい小さいと思いながら接してきた長女のことが、やたらに大きく見えて少し戸惑い、そういえば長女を出産して退院したばかりのころにも、夫のことが異様なほど大きな生き物に見えて、戸惑ったことを思い出しました。長女のときの夫にしても、今回の長女にしても、4日目あたりからはまた普通のサイズに見えるようになったので、これは、出産するまで自分が一番よく見つめていた人に対して起こる、一時的な錯覚のようです。
 長女がやたらに大きくみえるのは、なんだか悲しくて、寂しくて、早くこの錯覚から開放されたいなぁと思いながら過ごしました。そいつかは本当に錯覚ではなく大きくなってしまうのだから、ふたりの娘の小さなこの時期を、とにかく大事に大事に見つめて聞いて肌で感じて味わい尽くしたいです。
by papiko-gokko | 2014-01-18 00:40 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2歳最後の日 退院後の日々 >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月