人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
トンネルの向こうは必ず明るいと知っているから吸い寄せられる
 夫が休みの休日。少し肌寒い気候ではあったけれど、空が青かったので、車で遠出し山を登って、目田森林公園というところへ行きました。 公園にたどり着くまでの最後の5分は、かなり急斜面の細い山道で、しかも片側通行ではなくて、はらはらしながらなんとか登り切ると、平日とあって、車の一台も泊まっていない駐車場に出ました。車を出るとすぐ、ウグイスの鳴き声が澄んだ空気を震わせて響き、駐車場のすぐそばの池のせせらぎと混ざり合い、わざとらしいほどのどかで、どこかで環境音のCDを流してるんじゃないかと一瞬本気で思うほどでした。
d0038776_2122713.jpg
 池をぐるりと半周して丸太小屋の受付に行き、大人1人200円の入場料を払い、少し歩くと土管があって、娘と一緒に土管を通り抜けてみたら、キャンプファイヤーをする広場らしき場所に出ました。キャンプファイヤー、小学5年生のときにやったのを覚えています。オリエンテーリングやら各班ごとの出し物を終えたあと、みんなで輪になって火を囲み、もえろよもえろと歌うのは、なんだかやたらと感動的で、この夜が終わらなければいいのにという思いと、おとうさんおかあさんのところへ早く帰りたい思いとがまじりあって、胸がいっぱいになりました。
d0038776_2122738.jpg
 そんな思い出にじっくり浸る間もなく、娘はどんどん進んでいき、慌てて一緒についていくと、ブランコや滑り台やアスレチックなどの遊具が置いてある広場に出ました。駐車場の状態からも大体想像していましたが、やはりこのときこの森林公園はどうやら私たち家族の貸切状態だったらしく、公園にも誰もいなくて、家族3人で走り回って遊びました。本当に、不安になるほど、人の気配のない世界で、ともすればうっかり小人か精霊にでもで出くわしそうな静けさでした。
d0038776_2122892.jpg
 公園でひとしきり遊んでから、公園にあったベンチでおにぎりを食べました。寒いから車で食べる予定だったのですが、娘が食べたい食べたいというので、ちょっと寒いのを我慢して食べました。緑のなかで食べるおにぎりは最高に美味しいです。
d0038776_2131031.jpg
 腹ごしらえをしたあとは、公園から出てまた少し歩き、この公園の名物らしい、巨大迷路に入ってみました。これがなかなか本当に難しくて、何度も行き止まりにぶつかって、最初ははりきって進んでいた娘の表情が次第に曇り、「おそとはどこなの、おそとはどこなの、おそとにでようよ」と、繰り返しつぶやきながら、下にあいているわずかな隙間をくぐりぬけようとしたりしていました。貸切状態の山のなかで迷路に入るのは、実際ちょっとスリルがありすぎて、もしこのまま出られずに誰にも気づかれずに夜になったらどうしようと、私も怖くなりました。それでもなんとかゴールできて、しかし、ゴールのところに「ゴール」ではなく、すごく普通に「出口」と書いてあって、そこはびっくりマークつきで「ゴール!」って書いてほしかったなぁと思いました。ああ、だけど、本当にあれは別にゴールではないのかもしれない、すべてのゴールはひとつの出口に過ぎず、きみたちの人生という名の巨大迷路はこの後もどこまでも続いていくのだよと、そういうことを教えたくてあえて「出口」にしたのかもしれません。これだから迷路というのは苦手です。
d0038776_213164.jpg
 迷路の出口から出たあとは、古い飛行機のおいてある丘で飛行機を眺めたり、斜めの斜面に建てられたミステリーハウスに夫と娘だけ入り、私は入る前にあまりにもくらくらしてして断念したり(いま思い出しただけでもくらくらする)、大きな石がごろごろある小川のほとりを歩いたりして、再び丸太の受付まで戻りました。新緑の明るい緑がまぶしく、揺れる木漏れ日が風の気配を教えてくれて、足元には柔らかな苔が生しておりむふぁむふぁと心地よく、斜面なのにちっとも疲れを感じることなく、いくらでも歩けそうでした。追いかけっこする小鳥の姿もそこここで見かけたり、耳元や頭上でぶぅんぶぅんと蜂やらなにやら飛び交う羽音がしたり、トカゲっぽいものがソソソッとどこかへ身を隠す瞬間を目撃したり、本当に、春の自然を全身で楽しむことができました。
d0038776_22132258.jpg
 丸太小屋の受付で次なる目的地の道を聞いて、向かった先は牧場。パン屋さんが併設していて、そこでパンとプリンを買ってから、牧場のほうへ行きました。牧場には人懐っこいヤギがいて、ふきだしで「メエー」と書きたくなるほどしっかりした発音でめえめえ鳴きながら近寄ってきました。娘は最初少し怯えていましたが、興味深そうに眺めていました。牧場にいたのはヤギだけで、牛は牛小屋にたくさんいて、モーと鳴くものは一頭もおらず、みんな小さく首を揺さぶりながら無心にエサを食べていました。間近で見ると、牛は岩のようにでっかくて迫力があって、家族3人ともひるみました。自分もいま実家の犬の世話を引き受けているから余計に強くそう感じるのですが、生き物の世話をするのってものすごく大変なことだから、生き物からもらったお乳や生き物の肉は、生き物にも、生き物を世話した牧場の人たちにも感謝していただかなければいけないなぁと思います。
 牧場を見たあと、再びパン屋さんにいってソフトクリームを買い、車の中で食べました。味のわからない私にとっては、ごく普通のソフトクリームでしたが、きっといろいろ新鮮なんだろうなあと思いながら食べました。家に帰ってから、プリンとパンも食べました。味の違いはやはり私には分からないけれど、いろいろ新鮮なんだろうなぁと思いながら食べたから、とても美味しかったです。
 
 明日からは天気が崩れるようだし、今日しっかりレジャーができてよかったです。
by papiko-gokko | 2013-04-19 22:37 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 我が子にも力いっぱい憧れてほし... 延々と同じ形を積み上げる、あと... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月