日記と短歌
by papiko
遺伝子の不思議な仕掛け一歳で読書スタイルまでパパと似る
d0038776_2336473.jpg
 最近、娘は絵本を読むとき、読みたい絵本を本棚から5冊くらい抜きだして、自分のそばに積み上げてから読むようになりました。その様子を見ていて今日はっと気付いたのですが、この読み方は、夫の読書スタイルとそっくりです。夫も本を読むときに必ず数冊を自分のそばに積み上げていて、放っておくといつまでも積み上げたまま置いてあるので、もう読まないなら本棚に戻せばというと不服の意を表すところまで、ふたりの行動パターンはそっくりなのです。積み上げておくことで、なにか安心感みたいなものがあるのだろうか。私はそばに積み上げてあったらプレッシャーを感じて読書に集中できなくなりそうなので、積み上げる心情はよく分かりません。
 今日は一日家にいたので娘がたくさん絵本を読み、娘が座っていたあちらこちらに、娘の選んだ絵本が積み上げてあって、夜になってもそのままだったので、「かたじゅけないでーまだよむのだからあー」と泣かれながら無理やり本棚に入れました。まったく親子って、不思議なところが似るものだなぁ。新たな似ている部分を発見できて夫は嬉しそうですが、私はちょっと困っています。

 娘の誕生日プレゼントとして注文した三輪車が届きました。夫が選んだオレンジ色のすごく素敵な三輪車です。私もいろいろ見て、ほかのものと散々迷って、結局夫が一番最初にこれがいいといったものに決めました。娘に渡すのは誕生日の日と決めているので、早く娘の乗る姿がみたくて、うずうずしています。
 この三輪車に加えて、今年も去年に引き続き、手作り絵本をプレゼントしようと思っています。構想はだいたい決まったのですが、まだ製作はほとんど進んでいません。夫が休みの日曜と月曜でがんばらなければ。去年つくった絵本は、1歳になったばかりの娘にはまだ理解が難しかったようで、1歳半近くになったくらいからようやく喜んで読んでくれるようになりました。今年の絵本はすぐに読んでもらえるよう、今現在の娘の好きなこと、興味のあること、憧れていること、知っていることをぎゅうっと詰め込んだ内容にする予定です。
 今年は去年と違って娘がごちそうやケーキも食べられるから、娘と一緒にケーキを作ったりとかもできたらいいなぁと、あれこれ想像して娘よりもずっと娘の誕生日を楽しみにしています。だって、この世にこれほど素晴らしい日があったなんて、一昨年までは知らなかったから、嬉しくて嬉しくて、どうしたってはしゃいでしまいます。我が子が2歳になる日がやってくるなんて。1歳の誕生日を目前にしているときは、朝露に濡れた芝生を初めて素足で踏もうとしているような、どこか張り詰めた心地でした。2歳の誕生日を目前にしている今は、花のアーチを駆け抜けるような、愉快で誇らしい心地です。あと10日間、もうすぐ1歳じゃなくなる娘との時間を、大事に過ごそう。
[PR]
by papiko-gokko | 2013-01-12 00:21 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 人生はむずかしいなあオイチニと... 「おかあちゃん」「なあに」呼ば... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月