人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
大きさも色も言い表せなくて「海、きれいね」と子に繰り返す
 引っ越し作業が一段落つき、夫がいる不思議に優雅なこの夏を、家の中で過ごしてしまうのはもったいない気がして、今日も午後から車で出かけ、ナビを頼りに日暮れまでぐるぐるドライブをしました。
d0038776_23295326.jpg
 最初は山道をドライブして、途中で車を停め、吊り橋を渡ってみたりしました。夫は「なにこの状態!」「なにこの景色!」と、へなへな笑いながら写真を撮っていました。私は、広島や岡山方面へ行くときなどによく車で通っていた道だし、吊り橋も子供のころ面白がって渡って遊んだりしたので、それほどの驚きはありませんでしたが、娘が吊り橋でつないだ手を離そうとするので、これまで渡ったなかで一番ハラハラしました。
d0038776_23355823.jpg
 ドライブの最後には、引っ越してきたごあいさつに参拝したいねと夫と話していた出雲大社へ行きました。まず最初に大きなしめ縄のある神楽殿で、娘も一緒に長いこと手をあわせました。神楽殿は結婚式を挙げた場所なので、思い入れもひとしおです。おそらくこれは最近新しくできたものなのですが、神楽殿の柱のところに、手を清めるための、水の湧き出ている手水舎が用意されていて、娘はそこから滴る水が気に入り、だれよりもしっかりと手を清めていました。手水舎だけでなく、神楽殿へ向かう石畳も、なんだかきれいになっていました。
d0038776_1244521.jpg
 本殿は今、「平成の大遷宮」というので改修作業をしていてビニールカバーで覆われ見られないため、仮本殿で、再び手を合わせました。それから、松の並木を通って、大社を離れるまえに、鳥居のまえで撮影をしました。本当は、この鳥居が正門なので、ここから入って松の並木を通って本殿へ参拝し、最後に神楽殿を回るのが正しいルートのようなのですが、今回は駐車場の位置の関係で、反対になってしまったのでした。
 松の並木は時おり涼しい風が吹き抜け、さほど辛くなかったのですが、それでもやはり暑さでへろへろになっていたので、大社正門を出て道を挟んですぐのところにあったカフェで、ソフトクリームを食べました。どーんとそびえ立つ大鳥居から出雲大社正門までの沿道(神門通り)は、ここ数年でどんどん観光地っぽくなっていて、ソフトクリームを食べたあと少し歩いてみたら、縁結びにちなんだお土産屋さんやら、出雲ぜんざい屋さんやら、勾玉屋さんやら、観光に来た人たちが楽しめそうな素敵なお店が、ずらりと軒を連ねていて、感動しました。先週から大社近くの歴史博物館で「神話博しまね」というのもやっていて、町のあちらこちらでチラシやら旗を見るし、島根が観光に力を入れてがんばっているのがわかり、頼もしい気持になりました。
d0038776_011651.jpg
 せっかく出雲大社に来たのだから、日御碕灯台のほうへも行ってみようということになり、車で海を眺めながら山道をぐんぐん登り、日御碕でもたくさん歩きました。灯台は4時半までで日御碕についたのはもう5時をすぎていたため、残念ながら灯台には登れませんでしたが、沿岸の遊歩道を歩いて、波に削られて奇妙な形をしている岩の上にも少し登ってみたりして、日御碕の絶景を満喫しました。砂浜もいいけれど、波が岩にさっぱんさっぱん打ちつけては真っ白いしぶきをあげているのも、なかなかいいものです。
 ところどころ絶壁もあり、下手すると海に落っこちる感じの場所なので、夫はずっとひやひやして、私に絶対娘の手を離さないよう、10回ぐらい注意し、途中、ハラハラしすぎて座り込んでしまったりしていました。私は子供のころ、連れてきてもらうといつも妹と岩をよじ登ったりして遊んでいたので、そんなに恐い場所という認識をしていなかったのですが、確かに、柵も何もなくて、岩の真下は海なので、夫がそうなるのもわかります。娘はしきりによじ登りたがっていましたが、必死で手を離さないようにがんばりました。もう少し大きくなったら、一緒によじのぼって遊ぼうね。娘に海をみせながら、「海、きれいだねえ」と言うと、娘も「うみ、うみ、ちえいねえ」と真似していました。娘の目に、海はどう映っているのだろう。
 日が暮れかかっていたとはいえ、帰るころには、私も夫も、それに娘もへろへろでした。駐車場と日御碕灯台の間の道には、いくつかお店が並んでいましたが、ほとんどがもうシャッターを下ろしていました。ところどころあいていたお店には、貝殻が売っていたりして、娘にひとつ買おうかと思いましたが、自分で選べるようになってからにしようと思いなおして、今回は見せるだけにしました。大社前のお店と違って、日御碕のお店は、私の子供のころとまったくといっていいほど変わっていなくて、派手さや目新しさはないのだけれど、海風で色あせた看板といい、どこからか漂ってくる濃厚な海の香りといい、なんともいえず風情がありました。
 家に帰ったころにはもう日が暮れていて、これだけ半日たっぷり遊んで疲れればさすがに娘も早く寝てくれるだろうと期待していたのですが、娘は普通に10時半まで起きていました。お昼寝も車で少し寝ただけだったのに、なんて元気なのだろう。
 暑かったし、特に夫は長時間の運転で疲れただろうけれど、思い出に残りそうな、楽しい一日になりました。
by papiko-gokko | 2012-07-31 00:45 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 可愛い君が好きなもの 娘とチャイナ服と祖父。夫のハチ... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月