人気ブログランキング |
日記と短歌
by papiko
この先に君に見せたい春があり風に逆らい押すベビーカー
 娘とふたりで過ごす時間は、甘く楽しく満ち足りているはずなのに、最近どうしても、気を抜くとすぐ、悲しいことや、不安なことや、恐いことばかり考えてしまって、娘に向かって笑いかけながら、ふええと泣きだしたい衝動に駆られたりして、いけません。今しかないこの時を、たっぷりじっくり味わい楽しみたいのに、それなのに不安や恐怖に駆られると、ああもう早く時間が過ぎて過去になってほしいと、矛盾したことを考えてしまい、悔しくなります。世の中がどうであっても、娘と過ごす今を、私は大事にしたいのに。

 昨日は夫が休みだったので、歩いて10分かからない距離にある小さな芝生の広場まで、家族で桜を観に行きました。私は一眼レフカメラを首にかけ、夫は片手にビデオカメラを構えて、交互にベビーカーを押し、眩しそうに目を細めてばかりいる娘を、カメラに収めながら歩きました。この前ベビーカーに乗せた時は泣いてしまったけれど、今回は乗せた時からご機嫌で、道中では時おり気持ちよさそうな表情すら浮かべていました。赤ちゃんにとっても、春の空気はやっぱり、気持ちが良いのかな。
 広場についたら娘をベビーカーから降ろし、桜の木の下で夫と私が交互に抱っこして、写真を撮り合いました。日焼け対策にかぶせたカエルさんの麦わら帽子は、まだ娘の頭には大きすぎて、すぐ目のところまでずってしまい、撮影しながら帽子を直してばかりいました。大きな帽子をかぶった娘に、桜はちゃんと見えただろうか。帰ってから写真をみたら、一枚だけ、娘が眩しそうに桜のほうを見ている写真があって、嬉しくなりました。来年にはきっとちょうどよくなるだろうから、ぴったり麦わら帽子かぶって、もっとたっぷりお花見しようね。お弁当をもって、もう少し遠いところまであるいていこうね。
 
d0038776_21534219.jpg お花見から帰ったあと、夫がまた新たなおもちゃをつくってくれました。フェルトのさいころです。6面とも色が違っていて、中には鈴が入っており、娘の前でふったり軽く投げたりすると、手足をばたつかせ、にかにか笑って大喜びします。娘は夫の作るおもちゃが、大好きみたいです。
 夫の作るフェルトのおもちゃは、カラフルで手触りが優しくて、手に取るだけで楽しくなれるから、私も好きです。それに、娘とふたりでいるときも、夫のつくったおもちゃであやしていると、なんとなく夫と二人であやしている気持ちになれて、安らぐのです。私もなにか作れたらいいのになぁと思うけれど、針に糸を通すだけで、歯を長時間くいしばりすぎて痛くなるくらい不器用なので、おもちゃ作りなんて夢のまた夢です。うん、やはり夫に任せよう。
by papiko-gokko | 2011-04-07 23:32 | 手作り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 前を向くことより今は跪き靴ひも... 液体になった私は存在を君に注い... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月