うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

タグ:季節・自然 ( 321 ) タグの人気記事


雪やこんこん 


雪が降った。
レポートが進まず頭を冷やそうと外にでたら、ふわふわ白く舞っていた。
『雪が降っています。』と、誰かにメールしたくなった。
雪は不思議だ。大切な人に自然とその情景を伝えたくなる。
『世界の終わりという名の雑貨店』という小説のラストを思い出した。
遠くで私のことを忘れずにいてくれるすべての人たちに、
「雪が降っています」という言葉を伝えたい。

どうしてもおいしくご飯を食べたくて、朝と昼のごはんを抜いてみた。
我慢できずにお菓子はちょっとだけ食べてしまったけれど。
お腹をぐぅぐぅいわせながら食べた夜ご飯の一口目は、ため息が出るほどおいしかった。
今までご飯がおいしくなかったのはお腹が空いてなかったからだったのか!と気づいた。
しかし、一度に食べれる量というのはやっぱり決まっているようで、
3口目ぐらいからはもういつもの通り飲み込むだけの食事に戻ってしまった。
私のお腹はどうしてこんなに空いてくれないのだろう。
もう少ししっかりと運動しなきゃだめなんだろうか。
もうすぐ引越しをするので、引越しをしたらお腹が空くかもしれない。

それにしても、レポートが書けない。
しかしそんなことぐらいでぐじぐじしている自分が情けない。
今ごろ恋人は深夜バイトをしているのだ。がんばるなぁ・・・
それをがんばってるんだぞ!って言わないところがすごいと思う。
私も何かひとつのことでいいから、他人に認めてもらえるようになりたい。
そういえば明日はふたりで勉強することになっているのだ。
私は集中力がゼロだから、せめて邪魔しないようにしよう。

あぁまったくそれにしても、なんといっても、レポートをしなくては。
しなきゃ、やらなきゃって思いすぎるあまり、結局なにもできなくなったりする、私の悪い癖だ。
by papiko-gokko | 2004-01-17 09:31 | Diary