日記と短歌
by papiko
荷台には小石ふるえる三輪車やさしい人とすれ違いたい
 次女と手をつないで歩いていたら、オシャレな洋服のおばあさんが次女に「可愛いねえ、おててつないで、いいねえ」とにこやかに話しかてくださり、それから最後に私にも「大事にしてあげてねえ」と、優しく声をかけてくださりました。町でちょこっと出会っただけの次女に対して、この子が大事にされていてほしいなと、そんなふうに感じてくださったのだと思うと、嬉しくて、ありがたくて、今日はその一言を、何度も思い出しました。もちろん、もちろん、大事にしますとも。

 子育てのあれこれに疲れて負けそうなとき、高頻度で脳内を流れ出すのは、THE YELLOW MONKEYの曲だったりします。徒労感に苛まれているときは『バラ色の日々』、泣きそうなくらいしんどいときは『BURN』、不安感や孤独感に塞ぎ込んだときは『球根』、ウワアアアと叫びたいときは『パール』が、繰り返し繰り返し頭の中で流れます。
 最初に思い浮かんでくるフレーズもだいたい決まっています。『バラ色の日々』なら「追いかけても追いかけても逃げていく月のように」。『BURN』なら「せめて身体だけはキレイに 可愛い可愛い淋しくはない」と「限りない喜びは遙か遠く 前に進むだけで精一杯」。『球根』なら「土の中で待て命の球根よ悲しいだけ根を増やせ」。『パール』なら「愛情の庭に種はまいたが雨は降るのに花はなかなか・・・」。
 こうしてあげてみると、単純にサビなのも多いですが、なにしろイエモンのサビは、胸にずっしり突き刺さるのです。そういえば最近は『離れるな』の出だしもよく頭の中を回ります。つまり、私はイエモン的な情熱、熱情、情念でもって、子育てしているということなのだろうか。イエモンは10代の頃から好きだったけれど、そこまで深く聴き込んでいなくて知らない曲も結構ありそうなので、今度アルバムを借りてしっかり聴いてみようかなと思います。
 昨日は疲れて頭の中で『BURN』がぐるぐるし、あまりにもぐるぐるが止まらなかったので、思わず子守歌に『BURN』を歌ったら、わりとノリノリで歌っていたにもかかわらず、次女がすんなり寝てくれました(長女は完全無視で日記を執筆していました)。次女はロックが好きなのだなあ。ビートルズもいつも一緒に聴いてくれるし、うれしい。

# by papiko-gokko | 2017-10-31 22:47 | Diary | Comments(0)
一粒の雨にも濡れてほしくない君がぽろぽろ涙をこぼす
 長女が最近、熱心に日記を書いています。少し前に買い与えた『ドラえもん おしゃべりにっきちょう』が、いい具合に執筆意欲をかき立ててくれるらしく、ドラえもんに話しかけるかたちで、気分ののった日や楽しいことが盛りだくさんだった日は、何ページにもわたって書いています。書き出しにあらかじめ「ドラえもんあのね」と印字されており、記入欄の横にはドラえもんの挿絵と「今日は何して遊んだ?」などのちょっとした質問も書かれていて、最初のころはその質問に答えていましたが、最近はほぼ質問無視で、自分がドラえもんに聞いてほしいことを、あのねそれでねそれからねと書きまくっています。そして書き終えると必ず、私や夫にも読ませてくれるのです。わが子の日記を読める日がくるなんて、なんだか夢のようです。そのうち読ませてもらえなくなる日がくるのだろうけれど。

 先週末、上の妹が引っ越したのでそのお手伝いを兼ねて兵庫まで遊びにいき、9月に3歳を迎えた姪っ子と長女と次女とで、たっぷり遊びました。この日のことは、長女も、それから夫もしっかり日記を書いているので、もう私は書かなくていいんじゃないかなとも思いましたが、夫と長女の日記を比べると、同じ一日を過ごしていても、視点や心に残っている出来事が全然ちがっていて面白かったので、私も書いてみることにしました。私が心に残ったのは、まずなにより、姪っ子が可愛かったこと。ふわふわほよほよふにふにしていて、攻撃力0のあまい声で「◯おばちゃん、これ、みてー」と、シルバニアのおもちゃを見せてくるその可愛さ。次女とは一学年しか違わないけれど、まだまだ全身に赤ちゃんっぽさが残っているのでした。
 最後、お別れするとき、私たちが車に乗り込むと、妹の旦那さんに抱かれていた姪っ子が手をふりながらふいにポロポロ泣き出して、そのうち大泣きでしゃくりあげながら手をふっていて、その純粋さに、あやうくもらい泣きしそうになりました。車の窓から手をだした長女と、ひっくひっく泣きながら握手してお別れし、長女もおどろいたようで、車が動き出してしばらくしてからも「まだ泣いてるかな、そろそろ泣き止んでるかな」と、何度も気にしていました。そしてその日書いた日記に、姪っ子の泣き顔の挿絵を描いていました。あとから聞いたところによると、そのあと、長女と次女が数日前に出した手紙が届いたことで、なんとか気持ちが立て直せたようです。本当は行く前に届けるつもりで出したお手紙だったのが遅く届いたのでしたが、結果オーライでした。
 上の妹一家とはこれまでも数ヶ月おきに実家やうちなどで会っていましたが、ただ彼女らが大阪に住んでいて車で行くには少し遠かったため、妹一家の自宅に遊びにいったのは、彼女が結婚してから初めてのことでした。だから、夫婦で選んで買ったのであろう家具たちのほどよく統一された色合いや、その中で繰り広げられる上の妹と旦那さんのなにげない会話が、なんだかとても新鮮で、ああちゃんと夫婦でいろいろ考えて、二人らしい心地よい家庭を築いているのだなあと、とてもほっとして嬉しく、少しだけ寂しくなりました。長いこと同じ家で一緒に育った私と妹もお互い大人になって結婚をして、当たり前のことだけれど、もう別々の違う家族なのです。姉妹でもこんなふうに一抹の寂しさを感じるのだから、私たちを育てた両親は、もっと寂しいのだろうか。わが子がそれぞれの家庭を持つときのことなんて今はまだとても想像がつきませんが、ただ、自分の居場所、生きる場所を見つけて幸せに暮らしているのならば、寂しさよりも安堵感や嬉しさのほうが勝るかな、という気はしています。といいつつ、次女がもうすぐ幼稚園へ入ると思うだけで、寂しくてたまらなかったりするのですが。

 こうして書いてみると、やっぱり、夫とも長女とも違う日記が書けたので、書いてよかったです。ドラえもんにがつがつ話しかけていく長女のハツラツとした日記を読んでいて、話しかける気持ちで書くって、書く喜びの基本だよな、書くパワーの源だよな、とつくづく思いました。私もこの日記を、だれかに話しかけるつもりで書いています。それを意識して忘れないようにするための、ですます調でもあるのです。小学1年生のときたまに出た宿題の「先生あのね」で始めるあのね日記が大好きでした。日記を読んだ先生から帰ってくる大きな花丸と、ところどころの波線と、赤ペンのコメントも大好きでした。あのときのハツラツとした執筆意欲を、長女の日記が思い出させてくれます。
 長女はもうすぐ『ドラえもん おしゃべりにっきちょう』を1冊使い切ってしまうので、今度はドラえもん柄の普通のノートを買ってやるつもりです。もう彼女の中で日記の基礎はできあがった感じがするので、次からは普通のノートでもがんがん書けそうです。


# by papiko-gokko | 2017-10-31 12:35 | Diary | Comments(0)
伝えたら消えそうだった同じ部屋ちがう窓から見てた三日月
 秋で空が澄んでいるので、最近は月がくっきり見えて、次女が毎晩のように「おかあたん月がでてるよ!」と教えてくれます。次女のおかげで、毎晩月を見上げる時間ができました。

 先日、次女と手をつないで歩いていたら、向こうから歩いてきたおじいさんが、すれ違う間際、次女のほうを見てふっと優しい顔になり温かい目を向けてくれて、それがとても、幸せでした。この町に、私の生んだ子どもたちを好意的な目で見てくれる人がいるんだと思うだけで、この町が好きになり、心穏やかに生きていけそうな気持ちになります。なかなかのレベルの人見知りなのに、守られていたい、突き放されたくない、という思いは人一倍強いのです。
 自分から積極的に人付き合いをするほうではないので、この町に住み始めて3年経ってもなお町に馴染めている自信はないのですが、長女が幼稚園、そして今は小学校に通っているおかげで、そこから私もなんとか町や人とつながることができています。今月は、ついに次女の幼稚園説明会もあって、ひさびさに行ってきました。次女もいよいよ来年からは、本格的にこの町の子として生きていくのです。
 説明会当日、長女のときほどではなかったものの、やはり私はガチガチに緊張して、手足が冷えっぱなしで、何度もトイレに行きました。長女のときは雨で、0歳児の次女をエルゴで抱っこして、長女と手をつないで、傘をさして行ったのを覚えています。あれから3年経って、あのとき0歳だった子が、幼稚園に入園するなんて。漫画を読んでいて「あれ、今ページ抜かしたかな」と戻ってページ番号を確認したら別に1ページも抜かしてなかったみたいな、そんな気分。
 次女はいい具合に幼稚園を楽しみにしはじめているので、この調子で入園できればいいなと思います。ひさびさの幼稚園ママたちの雰囲気に、私のほうが圧倒されて、ああやっぱりなんかすごいだめだこの感じ・・と、1時間足らずのあいだに心が折れかけました。どんなに苦手でも、母として次女のために、朗らかに気丈であらねば。次女は私の心の揺れを敏感に察知する子だから、母として大人として、なおさら気持ちをしっかりもとう。

 最近、手塚治虫の『火の鳥』を、図書館で借りて読み始めました。以前から『ブラックジャック』は大好きで家に全巻あるので、それをなんとなく読み返していたら、面白くて面白くて面白すぎて、作品への想いが燃え広がって、ほかの作品にもチャレンジしてみたくなったのでした。それで、前々から読んでみたいと思っていた『火の鳥』をついに読み始めました。寝かしつけの添い寝中に毎日ちょっとずつちょっとずつ読んで、今やっと、黎明編と未来編の2冊を読み終えたところです。これはとんでもないものを読み始めてしまった・・・と、ゾワゾワがとまりません。藤子・F・不二雄のSF短編を読んでいたときと同じ恐ろしさです。あまりにも壮大で、すさまじくて、とても自分ひとりの脳みそでは、処理しきれないような内容です。だから、夫にも読んでくれ読んでくれと催促して、読み始めてもらいました。これはもう、一人では抱えきれないので、夫にも読んでもらって、語らわなければ気が済みません。

# by papiko-gokko | 2017-10-26 01:11 | Diary | Comments(0)


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月

タグ
(1146)
(848)
(525)
(329)
(321)
(290)
(258)
(254)
(226)
(206)
(198)
(150)
(147)
(146)
(146)
(144)
(143)
(127)
(123)
(118)

外部リンク