日記と短歌
by papiko
わーい
図書館で、「星の王子様の恋愛論」という本を借りてしまった。
小説以外の読み物って全然読まないので読めるかどうか不安だが、
「星の王子様」と「恋愛」という言葉に惹かれて、思わず借りた。
恋人は「アラブの格言」という不思議な本を借りていた。
日本人とアラブ人の考え方の根本的な違いがよくわかる一冊だ。
住む土地や食べ物や社会制度が違えば、違ってくるのは当然だろう。
考え方を統一することなんてできない。できるわけがない。
どうしてそれをわからない人が、未だに存在するんだろう。
# by papiko-gokko | 2004-01-18 09:33 | Diary | Comments(0)
とかくこの世は
他人との距離感の計り方がわからない。
仲良くなろうとしすぎれば疎まれるし、
他人行儀過ぎると今度は冷たい人間と思われる。
できるだけたくさんの人と仲良くなりたい。
だけどそれ以上に、嫌われたくない。
つまりはありがちな自意識過剰。自分を大事にしすぎている。
大事にしすぎたって、ナマモノなんだから腐ってしまうだけじゃないか。
もっと自分を壊す覚悟で、捨て身で生きるべきだ。
# by papiko-gokko | 2004-01-18 09:32 | Diary | Comments(0)
雪やこんこん 
雪が降った。
レポートが進まず頭を冷やそうと外にでたら、ふわふわ白く舞っていた。
『雪が降っています。』と、誰かにメールしたくなった。
雪は不思議だ。大切な人に自然とその情景を伝えたくなる。
『世界の終わりという名の雑貨店』という小説のラストを思い出した。
遠くで私のことを忘れずにいてくれるすべての人たちに、
「雪が降っています」という言葉を伝えたい。

どうしてもおいしくご飯を食べたくて、朝と昼のごはんを抜いてみた。
我慢できずにお菓子はちょっとだけ食べてしまったけれど。
お腹をぐぅぐぅいわせながら食べた夜ご飯の一口目は、ため息が出るほどおいしかった。
今までご飯がおいしくなかったのはお腹が空いてなかったからだったのか!と気づいた。
しかし、一度に食べれる量というのはやっぱり決まっているようで、
3口目ぐらいからはもういつもの通り飲み込むだけの食事に戻ってしまった。
私のお腹はどうしてこんなに空いてくれないのだろう。
もう少ししっかりと運動しなきゃだめなんだろうか。
もうすぐ引越しをするので、引越しをしたらお腹が空くかもしれない。

それにしても、レポートが書けない。
しかしそんなことぐらいでぐじぐじしている自分が情けない。
今ごろ恋人は深夜バイトをしているのだ。がんばるなぁ・・・
それをがんばってるんだぞ!って言わないところがすごいと思う。
私も何かひとつのことでいいから、他人に認めてもらえるようになりたい。
そういえば明日はふたりで勉強することになっているのだ。
私は集中力がゼロだから、せめて邪魔しないようにしよう。

あぁまったくそれにしても、なんといっても、レポートをしなくては。
しなきゃ、やらなきゃって思いすぎるあまり、結局なにもできなくなったりする、私の悪い癖だ。
# by papiko-gokko | 2004-01-17 09:31 | Diary | Comments(0)


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月

タグ
(1146)
(848)
(525)
(329)
(321)
(290)
(258)
(254)
(226)
(206)
(198)
(150)
(147)
(146)
(146)
(144)
(143)
(127)
(123)
(118)

外部リンク