うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

<   2004年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


夢を見た


『勇気 ころころ 転がして遊んでたら
 いつのまにか 勇気 空気になっちゃって
 私もう どこへもいけないわ ダーリン』
とかいう内容の歌を、松浦亜弥が歌っている夢を見た。なに、この微妙な歌詞・・・でも、せっかく夢から覚めても覚えていたので、ここに記録しておこう。あやや。
by papiko-gokko | 2004-10-31 15:55 | Diary | Comments(0)

ローマの休日


 紅茶を飲みながら金曜ロードショーの「ローマの休日」を見ていたら、すんごい満たされた気分になった。映画はいいなぁ。あぁ、お姫様になって、噴水の見える大きな窓辺で退屈を憂えたりしたい・・・そして耐え切れなくなって、宮殿抜け出しちゃって、ひょんなことから、一般人のちょと素敵なオジサマと恋に落ちてしまってみたい・・・。
 私は、昔からお姫様というものに、単純にあこがれている。どちらかというと日本のお姫様ではなくて、シンデレラとか、ジュリエットのような。だからこの「ローマの休日」も大好きだ。ヘップバーン、可愛い。
by papiko-gokko | 2004-10-29 15:49 | Diary | Comments(0)

中島みゆき


 昨日、なんとなく中島みゆきの「ファイト!」を口ずさんでいたら、中島みゆきを聞きたくなった。母が中島みゆきを好きで小さい頃から聞いていたし、私が生まれて始めて自分で買ったCDが中島みゆきの「旅人のうた」だったのもあり、中島みゆきには、結構思い出が多い。
 今日のバイトの休憩時間、衝動的に自転車とばして隣町のTUTAYAまで行き、シングルコレクションっぽいアルバムを、二枚借りた。一枚は、三枚組みで、今までのシングルが全部網羅されている感じだ。バイトからかえってきてからずっと、それらを、MDに落としながら聞いている。うん、なんだかやっぱり、すごいよ、この方は。歌もうまいし、歌詞も綺麗。個人的には、「ほうせんか」「わかれうた」「時代」「ホームにて」、あたりが好きだなぁ。
 なんか最近、ガチャガチャした最近の歌が、聴けなくなってきている気がする。最近のヒット曲が、中々すんなり入ってこなくなって。好きなアジカンやバンプさえも、今は受け付けなくなっていて。もう新しいものはいらん。知っているものだけで、お腹をいっぱいにして、よく知っている人たちの夢を見て寝たい。そして、よく知っている人の声で、目覚めたい。
by papiko-gokko | 2004-10-25 15:14 | Comments(0)

 地震、恐い・・・。東京は震度4。バイト中で、お蕎麦をゆでる大きな釜の中のお湯が、ゆらんゆらん奇妙に揺れていた。鉄棒で連続回転した直後みたいに気分が悪くなって、しゃがみこんだ。ニュースキャスターは大丈夫って言ってくれない。絶対言ってくれない。嘘をついてはいけないから。大丈夫って言ってくれない。恐い。地震のあと、長い間、恋人を呼ぶ自分の声が、頭の中で鳴っていた。どうかどうかこれ以上、被害が拡大しませんように。
by papiko-gokko | 2004-10-23 15:48 | Diary | Comments(0)

似てない僕らは


 脅迫・暴力以外の方法で人を完全に支配することなど、きっとできない。できるとしたらそれは神様か、よっぽど優秀な教祖か政治家か、もしくはすごい人格者ぐらいだろう。少なくとも、私にはムリなことである。人が人を完全に支配することなんて、できるはずがない。恐怖政治、絶対王政、独裁者・・・人を完全に支配したければ、力で脅すしかないんだ。愛でも支配はできない。愛ができるのは、寄り添うこと。ずっと側にいること。
 多くの人は力がないから、だから愛するだけなのかな。力をもてば、力で支配しようとしてしまうのかな。いや、きっとそうじゃないはず。そうじゃないと思いたい。力と愛を比べるなんて、ナンセンスか。
 「レインマン」という映画を見ていて、そんなことを思った。といっても、別にこの映画事態は、愛だの暴力だのがテーマなわけでは全然ない。もっと身近で優しい感じ。とても面白かった。兄弟っていいなぁと思った。こういう映画を、もっと見たい。トムクルーズ、カッコいい~!
by papiko-gokko | 2004-10-21 15:46 | Diary | Comments(0)

眠れない夜。


 有毒な物質が、私の中に、埃のようにパサパサと降り積もっていく。それは私が涙を流すたびにどろりと溶けて、心のあちこちにこびりつき、やがて乾いてガビガビになる。そうして呼吸困難に陥った感情は、必死に膨張と収縮を繰り返し、私はバランスを失った頭で、心の中心に、針の先端を求めた。
 眠れないから寝返りを打ち、カーテンのほうを見て、ぞっとする。明かりを消した部屋よりも、外のほうが明るいなんて。そうか、バランスを崩しているのは、この街全体だったのか。球の上で巧みにバランスをとりながら、陽気に笑うピエロの影が、ふっと浮かんで瞬きをする。この街で生き残れるのは、きっとピエロになれたものだけなのだ。
 ピエロは嫌い。大嫌い。ほっぺたにひっつけた、あの水色ウソ涙が、思わせぶりで大嫌い。
 布団に入ってもなかなか眠れないと、こんなわけのわからないこと考えてしまうから嫌だ~
by papiko-gokko | 2004-10-20 15:45 | Diary | Comments(0)

 トップの絵を秋モードにしました。今回は、初めて自分で描きました。せっかく絵を描くことが好きなんだから、たまには自分で描いてみようかなぁと思って。とりあえず、とても楽しかった!決してクオリティの高い絵ではないので、へんてこな点も多々あるかと思われますが、見逃してください。あ、男の子のひざにとまっているのは、赤とんぼのつもりです。
 絵を描いていて、あぁ私やっぱ、絵本のいっぱいある職場で働きたいよ・・と思った。絵本の出版社とか、そんなすごいもんじゃなくていいから、ただなんらかの形で、絵本に携われる仕事。そんなおいしい仕事、そう簡単にないか。せめて絵本専門のお店とかでバイトしてみたい・・・。現実はしぶいよ。蕎麦屋にあるのは、おっちゃんの大好きなスポーツ新聞ばっかだよ。
by papiko-gokko | 2004-10-20 15:45 | Diary | Comments(0)

かぜ


 風邪を引いてしまった。たぶん今熱はないと思うんだけど、ひたすら喉が痛い。そして、薬のせいか、ちょっと頭がぼーっとする。恋人がきてくれて、いろいろ買ってきてくれた。微妙に朦朧している頭で恋人といると、なんだかいつもと違う距離感を感じた。景色の中に、ぼわーっと溶けて広がっていきそうな、触ると自分の中にしみこみそうな、目を放した隙に、全部がはじけて、いなくなっちゃいそうな。早くすっかり元気になって、元気に会いたい。
by papiko-gokko | 2004-10-19 15:45 | Diary | Comments(0)

めだか


 「めだか」がおもしろい。今日なんて、泣きそうになってしまった。オープニングとエンディングでスピッツっていうのは、反則だよ。泣くよ。あの、原田泰三の、微妙な感じがいい。めだかのこと、好きなのかなぁ。
 に、しても、その次のドラマは、どんだけつまらないんだ・・・俳優に好きな人がいないっていうのもあるけど、なんだこのあまったれドラマ~・・変てこ。
by papiko-gokko | 2004-10-18 15:44 | Diary | Comments(0)

ええいああ


 泣いても、仕方がないことはもう、わかっているのでしょう?涙腺さん、そろそろ強くなってはくださいませんか。心くん、感情の息の根を一時的に止める練習をしてください。脳ミソくん、被害妄想や自己嫌悪は、カッコ悪いです。体さん、そんなおどおどしなくても、大丈夫だよ。
by papiko-gokko | 2004-10-17 15:44 | Diary | Comments(0)