うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

しょんぼりをひっくり返してワクワクに変える力に花丸あげる


 7月に入るなり自律神経が乱れて体調を崩したのを機に、家でできる簡単な運動をはじめました。冷え症で汗をかきにくいせいで、暑さにもクーラーにも弱くてすぐ夏バテしてしまうので、そんな体質を改善すべく、30分の踏み台昇降運動とストレッチを、ここのところ毎日かならずしています。それだけで、ずいぶんスムーズに汗をかけるようになり、靴下をはかなくても手足が冷えにくくなりました。運動をして汗をかくと、気持ちもなんだかすっきり軽くなってきて、踏み台を上り下りするたび、どうでもいいモヤモヤが踏み潰されていくようです。運動っていいものだな。ビートルズを聴きながらやったり、ドラマを見ながらやったり、なかなか楽しい30分です。

 もうすぐ夏休みで、長女はわくわくが止まらない様子です。夏休みにやりたいことリストを書いたり、あれこれ楽しみなことを考えすぎて眠れなくなったり、いつものハッスルモードに入っているので、注意が必要です。ハッスルのしすぎで熱を出したり吐いたりしたのは一度や二度ではありません。長女の気分を盛り上げすぎないよう、こちらは努めて冷静でいなければ。この夏、長女は泳げるようになりたいようです。長女をプールに連れて行くために、私も20年ぶりぐらいに水着を買いました。10代後半から20代、プールや海とは一切縁のない青春時代を送ったので、若い子の着るような華やかで可愛らしい水着はついに一度も着ることなく、今回、黒いズボンと黒い上着という、これでもかというほど地味な水着を買ったのでした。おまけでついていた水泳帽とゴーグルまで黒です。黒子のような俊敏な動きで、長女の泳ぎ練習がんばろう。

 長女のわくわくにつられて、次女も楽しそうです。長女が休みの日は、一緒に水遊びをしたり、ごっこ遊びをしたり、お菓子づくりをしたりできるのが、嬉しくてしかたないようです。何度ケンカしても、やっぱり長女のそばを離れません。大好きなのです。長女が毎日お勉強するので、次女も一緒になってお勉強して、最近は、ひらがなをだいぶ覚えました。自分の名前なら書けるようにもなり、あらゆるものに自分の名前を明記しています。長女よりも、かなり自分の物に対する執着が強いので、名前を書くことで、これが自分のものであるということが明確になるのが、快感のようです。

 そんなこんなで、長女の一学期が終わろうとしています。私にとってはわりとあっという間だったけれど、長女にとっては長かったようで「1年って長い、1ヶ月って長い、一週間って長い、1日って長い、一秒って長い!」と言っていました。私も長女くらいのころは、時間がこんなに直線的でなく、もっとうねって曲がりくねって、こってりと長く感じられていた気がします。きっとそれだけたくさんのことを、一瞬一瞬で吸収しているのでしょう。小学校に入ってから、長女にとっては新しいことだらけの数ヶ月だったはずです。私自身、小学校ってこういう感じなんだなぁと、学ぶことだらけの数ヶ月でした。まだまだ始まったばかりの小学校生活ですが、今のところは、楽しそうに通っていて、一安心です。早生まれなのもあってか、体育では他の子にはできることが自分にはできなかったりして、ちょっとしょんぼりして帰ってきた日もあったけれど、長女持ち前のポジティブさでそのしょんぼり気分を「自分もできるようになりたい!」というワクワクに変え、日々いじけることなく取り組んでいました。通知表はまだなので成績はどうだか分かりませんが、なにはともあれなにもかもたいへんよくがんばりました。花丸です。


by papiko-gokko | 2017-07-16 23:23 | Diary