うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

降り続く雨のせいかな大切なものほど強く振り払いそう


 昨日の夜、ひさしぶりに長女がなかなか寝付けずぐずったので、抱きしめて子守歌を歌いました。小さい頃、毎日歌っていたお決まりの数曲です。4歳ぐらいまでは、毎日かならず全部歌わなければ寝てくれませんでした。歌っている曲はずっと変わらないのに、抱きしめている長女はいつの間にかずいぶん大きくなって、そういえばここ最近は長女にこうして子守歌を歌ってやることが全然なくなっていたなぁと気づき、なんだか泣けてきて、喉がつかえそうになりながら歌いました。
 こんなふうに、赤ちゃんのころから続いていたいろいろなかけがえのない習慣が、ゆるやかにいつの間にやら消えていき、もう何もかもがすっかり遠ざかってから、時の流れにはっとするのだろうか。6歳の長女は、まだギリギリ子守歌を必要とする夜があるらしく、子守歌を一通り歌ってやったら、すぐ眠りに落ちました。よかった、まだ私の子守歌は、彼女の中で、ギリギリ過去になっていない。
 毎晩、おやすみの前、長女に「今日の楽しかったことは何? 」とを尋ねると、「たし算! 」とか「草抜きのとき、アリがお菓子みたいなものを運んでたこと! 」とか、いろいろなことを答えてくれます。そして、今日のつまらなかったことや、残念だったことや、怖かったことなども教えてくれます。今日は「ひき算は、なんか怖い感じがして、たし算より苦手。何かが引かれて無くなるって、ぞわわーって感じ。一体なにが無くなったの?なんで無くなったの?だれがとったの?どこに消えたの?ってミステリーみたいで、ちょっと怖いじゃん」と言っていて、なるほどなあと思いました。長女が数字の世界にそんなドラマを感じながら計算していたとは知りませんでした。ただ単に引き算が今日あまりうまくやれなかったことへの言い訳かもしれませんが、長女の物語はよくこうして、言い訳から生まれるのです。幼稚園のころよりも、出来事や思いを伝えるのが格段にうまくなりました。やはり小学生は違うのだな。次女が起きていると、なかなかゆっくり長女の話を聞くことができないから、このおやすみ前の数分の会話が、とても大切です。

 どんどん成長していく長女の姿が、幼い時期の短さ、かけがえのなさを、日々教えてくれているのだけれど、それでもやっぱり、次女とふたりの時間を、常に楽しみ大切にできるかといえば、そうではなくて。むしろ、次女にまとわりつかれてあれこれ言われて疲れすぎて、ひとりになりたい・・・・・・解放されたい・・・・・・と思い続けているような時もあります。明日はもっと明るく優しく元気に接するようにしよう、たくさん遊んでやろう、と毎日思うのに、3歳児のパワーとワガママにはやっぱり、ついていけなくて、今日は何度も、小さな次女相手にケンカしてしまいました。なんでもかんでも私にしてもらおうとするくせに、言うことは聞かなくて、それでいて常に私のそばを離れようとしない、そんな次女に、体も心もついていけなくて、気が滅入って、ひとりで音楽を聴いていたくなります。今日は午前中、買い物のあと、しばらくお風呂場でおりこうに水遊びをしてくれたので、その時間で家事ができました。そして、さあ休もうと思ったところで「もうでるー」という次女の声がして、そのあとは、お昼ご飯を作っていたら、次女も切りたいというので一緒にウィンナーを切って、お昼のあとは、私が夜ご飯の下ごしらえをしているあいだ、次女はねんどなどしていて、それからお絵かきして、絵の具も出すと言い出して出したけれどもほとんどせず、積み木もして、そのあとはもう、どうだったか、思い出せないくらい、気が滅入ってしまっていました。でもこうして書いてみると、私の気が滅入るほどに、次女はそんなに悪い子だったかな。次女が寝てしまうともう、悪い子だったときのことはもうほとんど忘れて、可愛かったことや、可哀想なことをしてしまった場面ばかり思い出します。昨日も今日も雨で公園に行けなかったから、それで次女もイライラしていたのかな。明日は、朝一で栄養ドリンクを飲んで、元気の出る曲でとにかく元気を出して、七夕飾りを作ったりしよう。夏休みになればまた、長女がいてくれるから、状況も変わってくるだろう。かけがえのないものを大事にし続けるというのは、なんてパワーのいることなのだろう。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by papiko-gokko | 2017-06-29 23:50 | Diary | Comments(0)