うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

あわただしく踊る街を誰もが好きになる


 池袋に行きました。街はもう、すっかりクリスマスムードで、キラキラしていました。この時期になると池袋駅に登場するいくつかの大きなクリスマスツリーは、東京にでてきてから毎年見ています。一年ごとに、そのツリーをみて抱く感情は変わっていっているけれど、『家族にもこのツリー見せたいなぁ~・・』と、微妙にうしろめたくなって写真を撮りたくなるのは、4年間ずっと同じです。大きくて綺麗なものをひとりで見てしまうと、こんな大きな綺麗さ一人じゃかかえ切れない・・・と、怖気づいてしまうのです。もしかしたら、人のこういう感情が、写真(カメラ)の技術を発展させていったのかなぁ。
 今の東京は、クリスマスっぽいのと同時にお、なんだかとても、師走っぽい雰囲気です。師走っぽさというのを、地元ではあまり感じたことがなかったのだけど、東京は、12月になると、本当に師走って感じの雰囲気になって、おもしろいです。なんだかみんな、荷物をかかえて急ぎ足。働く人も、遊ぶ人も、みんなそれぞれ忙しそうです。
 少し前まで、自然のあるところでしか季節は感じらないとばかり思っていたけれど、違うんだなぁと最近気づきました。東京にも、「季節感」があふれています。考えてみれば、「季節」という概念を生み出したのは人間なんだもん。人がたくさん集まっている東京に、「季節」がないはずありません。地元の「季節」が、流れの中で見つけて感じるものなのだとしたら、東京の「季節」は、自ら動いて運んで、作り出していくものかもしれません。もちろん、東京の「季節」も、根底には自然があるのだけれど。自然に浸かっているか、自然を使っているかの違い?

 冬になると、センスのない私も、私なりにファッションを楽しみたくなります。7月8月の日記を見ていただければ分かるとおり、私は夏がとにかく苦手で、アトピーもちで肌がそんな綺麗じゃないので極力露出したくなくて、全然ファッションを楽しむ気になれないんです。素足を晒したくないからスカートもはけないし、身体に凹凸がなさ過ぎて、人様の前で水着なんぞ!って感じだし・・・・ああ、夏って、思い出しただけで憂鬱になる。。。
 でもでも、出していく夏と違って、冬はどんどん上につけていけるから好きです。セーター、マフラー、帽子、ブーツ、コート、手袋・・・あぁ、楽しい・・。冬はハイソックスやタイツをはけるから、スカートも大丈夫だし。夏は、人の格好を見ても劣等感を刺激されるのでなるべく見ないようにしてるんですが、冬は、街を歩いている人の格好を見るのも好きです。あのコートの色可愛いなぁとか、手袋の形いいなぁとか思いながら歩きます。
 欲しい冬物グッズ、たくさんあります。うんとー、先のまるっこいブーツ、鮮やかで大きなボタンのコート、厚手のニット帽、指の分かれてない手袋、変な顔のついたマフラー、ボタンの色の全部違うカラフルカーディガン・・・。あはー、楽しい。冬は、楽しいなぁ。

**********

 最近、iPod売り場にいっても、iPodとiPodnanoとiPodshuffleは並んでるのに、私が愛用中のiPodminiが、miniだけが、ないんです。なんでなんだと今ネットで調べたところ、nanoの発売に伴って生産中止になったんだ知りました。えええええ。ねえ、iPodminiの立場は?あんだけCMしていたのに?なんか、すっごいスタイリッシュな感じで、踊ったりとかしてたのに?これからはminiもってたらオシャレみたいな、そんな空気だったぢゃないかぁ・・・ううう悔しい・・・nano薄いかっこいい・・・・・・・・

**********

 あ、ひそかにこの日記のデザイン(ていうか絵)をちょっと変えました。気づいてくださった方がおられたなら、嬉しい。最初女の子ひとりでシャボン玉ふいてるつもりだったんですが、気づいたら男の子も描いてしまっていました。昔から、女の子の隣に男の子を描かずにいられない人です。
by papiko-gokko | 2005-12-09 00:26 | Diary