日記と短歌
by papiko
黄昏の自転車小屋で打ち明けた内緒の気持ち君のはにかみ
 雨の降りそうな曇りの日は、人の声が、少しいつもと違って聞こえます。湿気を含んだ空気のせいで、声までなにかの予感を含んでぽってり滲むのです。秘密のラジオ会話を聴いているような、結末を知っている古い映画をみているような、不思議な感覚になります。だからなのか、雨が降りそうな曇りの日には、誰かと大事な話をしたくなります。雨が降りそうな曇りの日なら、予感に満ちていて、本当のことしか言えない気がして。

********

 自分の大事な人たちを、守りたいと思うようになったのは、つい最近からです。私はなんの力ももっていないくせに、守りたいと思ってしまうようになりました。これは、いいことなんだろうか。悪いことなんだろうか。

 頭の中を、椎名林檎のアイデンティティがぐるぐるしています。この歌詞すごいカッコいい。林檎のこういうグサグサ突いてくる感じの歌詞好きです。あと、スピッツのスピカの「幸せは途切れながらも続くのです」という言葉がぐるぐるしています。大好きですこの言葉。ああ、あと、B'zのイカロス「もう遅いなんて誰にも言わせない」っていう、稲葉さんの言葉も、ぐるぐるしてる。うー。素敵。
 関係ないけど腹痛がなおらないーーくーー。
by papiko-gokko | 2005-10-08 23:11 | Diary | Comments(2)
Commented by 末松さくや at 2005-10-09 07:41 x
守りたい、と思うことはとても大切なことだと信じてます。いいことです。絶対。
どうやって守るのかは、人それぞれかもしれないけれど、
自分なりに、大事な人たちがいつも笑っていられるように努力していくことかなぁ、って思います。
私といるときは、大事な人が幸せな気持ちを少しでも感じられたらいいなぁ。

幸せってことは、
幸せだと思わせてくれる人がいることなんだ、と、
最近ちょこっと感じました。
ありがとうって伝えることも、守ることなのかも、しれません。
Commented by papiko-gokko at 2005-10-10 02:02
コメントありがとうございます♪
大切なこと、いいこと、私もそう信じたいです。「大事な人たちがいつも笑っていられるように努力していくこと」・・・そうかぁ。私は、守ることというと、力とか強さとか、そういうことがすぐ思い浮かびがちだったけど、言葉や存在自体で、人を守ることも、たくさんあるのですよね。ありがとうって伝えることも、守ることかぁ・・・あったかいなぁ。幸せだと思わせてくれる人の存在を、何より大切に思います。守りたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ボクはボクを見捨てない 旧友の誕生日など牛乳の賞味期限... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月

タグ
(1146)
(848)
(525)
(329)
(321)
(290)
(258)
(254)
(226)
(206)
(198)
(150)
(147)
(146)
(146)
(144)
(143)
(127)
(123)
(118)

外部リンク