うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

ニンジンさん悲しんでるよと教えれば急に哀愁帯びる人参


 娘と絵本の距離感が、また少しずつ変化してきています。お気に入りの一冊『ここよここよ』という絵本を一緒に読むとき、いつも私が絵を指さしながら「ここよここよ」と読んでいたら、すぐに娘も真似して一緒に指さすようになり、やがて他の絵本でも、好きな絵が出てくると、ペタペタと指さすようになりました。
 それから今日は、さらに新しい動きもありました。『おさじさん』を読んでいる時、うさぎさんがたまごのおかゆを食べようとしている場面で、絵を見ながら手をあわせ、いただきますのしぐさをしたのです。紙をめくる感触や絵の色合いを楽しむだけでなく、いつの間にか、ちゃんと絵の意味を理解しながら絵本を楽しめるようになっていたなんて。そういえばひとりで読んでいるときも、少し前までのように、ただただめくり続けるのではなく、ゆっくりゆっくりページをめくり、時には前のページに戻ったりしながら、じっと絵を見つめている時間が長くなった気がします。
 娘は今のところ、線のくっきりしたイラストチックなものよりも、水彩絵の具や油絵の具やクレヨンやちぎり絵などでかかれた、絵に触るとその感触が伝わってきそうな、輪郭のぶわっとした感じの絵が好きなようなので、そういった雰囲気の絵本を見つけたら、一冊でも多く欲しいです。クローゼットに新しいワンピースが一着並ぶことよりも、本棚に新たな絵本が一冊加わることのほうが、どうやら私は断然幸せな気持ちになれて、しかもその幸せが長持ちします。いい絵本は何年経ったって、ダサくならないものな。娘が小さいうちに、この幸せを溜められるだけ溜めこもう。

 今日はお散歩で、大掃除用のゴム手袋を買いました。気合いを入れるためです。去年はお腹が大きくて、換気扇などの高いところはあまり出来なかったから、今年はそういうところもクレンザーでぴかぴかにして、今年の汚れをしっかり落して、来年を迎えたいです。今年は本当に本当に、一年の間に起こったこととは思えないくらい、いろんな出来事があったから、気持ちの整理をつけながら、心をこめて願いを込めて、綺麗にしよう。但し、娘がいい子にしてくれる時間の範囲で。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by papiko-gokko | 2011-12-20 00:11 | Diary | Comments(0)