日記と短歌
by papiko
幸福も孤独も同じ金色に染めて十一月並木道
 12月からいなくなる私のいた場所を活用するため、昨日営業部フロアのデスクの配置替えをして、私のものだったデスクも、パソコンも、別の子のものになりました。みんなであれこれいいながらわいわい動かして、席替え直後の小学生みたいな楽しい興奮のあと、みんなが新しい座席についてから、少し離れたところにある応接セットの椅子に腰掛けて新しい営業部を眺めたら、淋しさが押し寄せてきました。私のいない営業部は、こんな感じになるんだなぁと、幽霊のような心地で、眺めていました。仕事の引き継ぎも本格的に始まって、私がいなくなっても大丈夫な体制が、着々と整っていきます。仕事に取りかかるためみんなのいる場所に背を向けて音と声だけ聴いていると、自分の背後にはまだ、配置を変える前の前日までの見慣れた風景があるようで、今までのデスクに私が座ってパソコンを打っている気がして、今度は幽体離脱しているような感覚に陥りながら、自分を含む営業部の情景を、背を向けたまま眺めていました。
 毎日のようにあぁ辞めたいと思いながら働いていたくせに、退職が目前になったとたん、こんなに寂しい気持ちになるなんて、我ながら、単純だなぁ。淋しさと同時に、この場所へ通わなくなる日常が迫ってきていることへの不安がゆらゆらわいてきて、自分がこれまで、この営業部の一員であるということに、どれだけ自分の存在を支えられていたのかを知りました。でも、席替え中、お腹の子供がぐわんぐわん動いて、嬉しそうだったから、この機会に私が仕事を辞めるのは正しい選択なんだと、思うことにします。今、なにより、子育てをしてみたいもの。
 もう、私のデスクはなくなったから、営業さんが外出している間は営業さんのデスクを借り、営業さんがみんないてどのデスクも埋まっているときには、応接セットに腰掛けて、引き継ぎの日々を過ごします。

 今日は有給をもらって、二週間ぶりの妊婦検診にいってきました。今日は夫が仕事で、私ひとりの受診です。ひとりで外へ出かけると、安心できないことだらけで、気持ちが険しくなります。そんな険しい気持ちで歩く時間が好きだった時期もあったけれど、今は、なるべくひとりで外にでたくありません。好きだった時期には、険しさが逞しさや勇ましさへと変化してい、そんな、凛々しくあろうとする自分を愛せたけれど、今の私は、険しくなればなるほど心の中が、狭く貧しくなっていくばかりのようで、そんな保守的な自分は、きらいです。
 予約が11時半だったのに対し、実際に名前を呼ばれたのは3時前で、かなりの待ち時間を、うとうとと過ごしました。「ムーミン谷の11月」を持って行っていたので、しばらく読んでいました。11月に読むのに、これ以上ぴったりな物語はありません。診察室に呼ばれてからお会計までにかかった時間は、待ち時間に比べると、ほんの一瞬でした。お腹の子はいつのまにやら逆子ではなくなっていて、そのほかは、変化がよくわかりませんでした。長い待ち時間でぐったり疲れきっていて、せっかくのエコーもあまり楽しめず、それがお腹の子にも伝わったのか、今日は顔を奥の方へ隠してしまっていて、もらった写真にもほとんど写っていませんでした。ごめんね、また今度はお顔を見せてほしいよ。お腹の子には、事あるごとにごめんねって、そればかり言っている気がするなぁ。貧血改善の鉄剤をもらい、一安心です。
 帰り道、イチョウ並木に夕日が照って、並木道を歩く人たちの姿も含め、額縁に入れられた油絵のような風景が続いていました。ベビーカーを押す若い女性から、銀杏拾いに精を出すおじいさんまで、さまざまな年齢層の、さまざまな事情をもった人たちが、一様に平和な金色に染まっていました。私も周りと同じく平和に染まっているのかと思うと、なんだかほんの一瞬、「ちぇっ」と、舌打ちしたいような気持ちになりました。きっと、朝に食べたパンひとつしか入っていないお腹がぺこぺこに空いていて、一時しのぎの飴を舐めながら、ひとりで歩いていたせいです。気持ちがくさくさしていたのです。
 真っ直ぐのイチョウ並木をしばらく歩くうちに、都会の整備された並木道の秋ではなく、いろいろな強さの赤にそれぞれの速度で染まった、まだらな山の紅葉を見たくなってきました。歩きやすい石畳にはらはらと覆うイチョウのじゅうたんをしゅむしゅむ蹴って歩くのもドラマチックでいいけれど、車でぐねぐね道をのぼって山まで行って、木の葉や小枝をばりばり踏みしめながら、やわらく湿った土の上を歩きたいです。並木道を我がもの顔で飛び交うハトに苦笑しながら歩くのもクールでいいけれど、腰かけようとした切株の上に見たこともない虫を発見して、ぎゃあっと大げさに騒ぎ、面白がったり気味悪がったりしたいです。
by papiko-gokko | 2010-11-11 21:11 | Diary | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大人びた誤魔化し子どもじみた主... 雨粒も枯れ葉もマスクもきらきら... >>


検索

カテゴリ
このブログについて
Diary
月齢ごとの成長記録(次女)
月齢ごとの成長記録(長女)
幼稚園生活(長女)
手作り
短歌まとめ

以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2001年 01月

タグ
(1146)
(848)
(525)
(329)
(321)
(290)
(258)
(254)
(226)
(206)
(198)
(150)
(147)
(146)
(146)
(144)
(143)
(127)
(123)
(118)

外部リンク