うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

休もうか駆けあがろうか坂道の真ん中ふいに気づく靴ずれ


 3月が終わります。昨日はいくつかのことが重なって全身にイライラが充満してしまい、仕事帰りに1時間ほどひとりカラオケをして、B’zとブルーハーツを30分ずつ歌いまくり、元気を取り戻しました。ブルーハーツ、カラオケで歌ってみたのは初めてで、歌いながら歌詞の魅力を改めて噛みしめました。
 そして今日は3月末の集計をして、末締め取引先の請求書を大量にポストへ投函し、なんとか無事、4年目の勤務を終えました。明日からは、5年目に突入です。まったくもう、恐いくらいに早いなぁ。一週間は長いのに、一か月はなんだかんだであっという間に過ぎ、気づけば半年が経っていて、もう半年かぁと驚いているうちに一年間が終わっています。
 「自分はここまでやってきたんだなぁ!」と、私が一番強く感じる日は、12月31日ではなく、3月31日です。12月31日は、あぁまた一年が終わるのか……と、一年の出来事をどこか客観的に思い出しながら、全国共通のカウントダウンに合わせてよっこらしょと年を越す感じですが、3月31日は、自分自身の行ないや成長や失敗を熱く生々しく思い起こしつつ、「なにはともあれゴールイン!」と、自らの意志でゴールテープを切るような感覚で迎えます。幼稚園のころから年度区切りで成長してきたし、それに私は生まれたのも4月だから、3月と4月は、人生にとってとても重要な境目なのです。
 事務員5年目の明日、朝一番の大事な仕事は、たまっている段ボールをゴミに出すこと。今週はゴミ出し当番なのです。よし、それなりに、がんばろう。
by papiko-gokko | 2010-03-31 23:59 | Diary