うわのそら papiko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日記と短歌


by papiko

方向を思い出せない砂浜でクラゲのようにさざ波を待つ


 明け方、仕事中に地震が来てデスクの下に隠れその後なぜかお祭りの人混みから夫を見つけ出す・・・という夢をみて目を覚ましたら、枕元の携帯電話が点滅していました。ひらいてみるとそれは、「もういやだよー」という題名に、「揺れたー」とだけ本文が添えられた、夫からのメールでした。受信時刻は05:10。目の覚めるちょうど一時間前ぐらいです。即座に携帯でニュースを確認したら、静岡で震度6弱という文字が、一番上に赤く表示されていました。台風が関東のほうへ向かっていて不安な気持になっていたところへ、まさか地震まで起こるとは。
 どうしていいかわからず、とりあえず「ごめん今起きたから、起きたらいつでも電話ちょうだい」とだけメールを送り、携帯を握り締めてもうひと眠りしようとしたものの詳細が気になりまったく寝付けず、結局そのまま布団をでてリビングへ行き、ニュース番組をつけました。テレビではやはりどこの局でも地震の速報を伝えていました。かなり広い範囲で揺れていて、東京では震度4の揺れが観測されていたことがわかり、夫はさぞかし怖かったことだろうと、ますます心配になりました。大学時代、ひとりぼっちの家で地震があったときの心細さと恐怖感は、誰かと一緒にいたときのものとは、比べ物にならないものでした。あのときは、地震のすぐ後にアルバイトがあって、そこで「さっきこわかったですね」と言い合えたことで、随分と救われたんだったなぁ。
 やがて起きてきた父と母と一緒に、チャンネルを回しながら地震ニュースを観続けていたら、7時半ごろになってから、目を覚ましたらしい夫から電話があり、声を聞いたらほっとしました。私にメールを送ったあとはすぐに眠れたようで、もう落ち着いているようでした。安心したら私も眠たくなって、だけどもう一度眠る気にもならず、今日は一日、ねむいねむいと思いながら過ごしました。

 午後には、岡山で大学生をしている下の妹が帰ってきました。今は上の妹と、大はしゃぎでWiiのマリオカートをしています。私も少しやらせてもらいましたが、衝突したり逆走したり、めちゃくちゃでした。それからWiiスポーツで体力測定をしてみたら、体力年齢65歳といわれました。どうしよう。下の妹はサークルでテニスをしているだけあって、テニスも上手だし、野球やらボウリングもうまいことやります。
 明日は夜遅くに夫がこちらへ到着するので、夫も一緒にwiiをできたらいいな。日曜日の朝会ったばかりなのに、もう一ヶ月ぐらい会っていないような気分です。昨日の出来事も、もう一週間前のことのように感じます。時間の流れ方が、まるで違うみたいです。流れているというよりも、クラゲみたいに浮かんでいるような気分。夫がきたら、私の時間は再び日常のテンポを取り戻して、またどこかへ向かって、思い通りだったり思い通りじゃなかったりしながら流れ出すのだと思います。とにかく夫の存在が、今は私の日常。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by papiko-gokko | 2009-08-11 08:47 | Diary | Comments(0)